社会不適合なまいむちゃんのそれっぽいブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、

そこにいる

お前自身が

お前のすべてだ
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
ところで一つ昔話をしよう。

昔シュレディンガーという学者は箱と猫と毒ガス発生装置を使って不思議な実験をした。箱の中で何かが起こると毒ガス装置は動いて猫は死ぬ。何も起こらないと生き残る。何かというのは何なのかはわからない。だから起こるか起こらないかは五分五分。猫の生死も五分五分。

ところが外からそれを見たシュレディンガーには猫が生きているかいないかわからない。どちらもありうる。シュレディンガーにとって箱の中の猫は生きているし死んでいる。生死を示す秤の針はどちらにも傾かない。なぜなら箱の中の猫の生死は完全に五分五分なのだから。

そうしていくらかの後にシュレディンガーは箱を開けた。

そこでこの昔話は終わっている。箱の中の猫の生死はシュレディンガーにしかわからない。箱の入れた直後に死んだかもしれないし、箱を開けた瞬間に死んだかもしれないし、全然ピンピンと生きているかもしれない。でも猫が生きているかどうか明確に分かったのはいずれにしても箱を開けた瞬間だ。だから猫は箱を開けた瞬間に生きていたという事が、あるいは死んでいたということが決定される。だから猫はいつでもその箱にいる間は生きてもいるし死んでもいる。そして生きてもいないし死んでもいない。

さてここで問題だ。箱の中にいた猫は果たして生きていたのだろうか、また死んでいたとしたらいつ死んだのだろうか。そしてシュレディンガーはいつ箱を開けたのだろうか、何故箱を開けたのだろうか。

このすべての矛盾を解決する答えは一つだけ。よく考えて答えてご覧。

答えは次回だよ。
やっぱりいい作品を見るとそこにはとても温かいものがあると感じる。なんでこんなに心穏やかでいられるのか、人間の持つ確かな力を感じられるのか不思議でしょうがない。

でもそういったものに触れる時にふと思うのが、これは多分わしだけが思う事ではないとだろうけど、何故今自分はこんな状況なのだろうと、心の温まる憧れの反対側の部分で酷く冷たい後悔と憎悪に近い物も同時に感じる事。

憧れの反面でそんなものを手に入れる事なんかできないあるいはできなかった、愛しさ優しさを感じる反面でそれが悠久ではない寂しさ悲しさを感じる。そういうことはよくある事だと思う。だって人間は変わっていく現状のなかでいつでも今を一番良い時にしていきたいと思ってるのだから。

どんなに幸せだったとしても今が辛ければ自分は不幸な人間だと思ってしまう。どんなに優しい心を持っていても日々で擦り切れ荒んでしまえば自分がひどく陳腐な存在に思えてしまう。まあそれは真だと思う。いつだって過去を考えるのも今を知るのも現在の自分だしね。

人間は強欲な生き物だ。大抵の物語はハッピーエンドで終わってくれるが、それが故にそれ以前の苦痛など些末な問題に過ぎないと捕らえがちで、それ以降に存在するかもしれない苦痛については考えないようにする。そうして過去に対しても未来に対しても羨んでいたり、あるいは疎んでいたりする。そんなに全部はもってけるわけがないのに。

まあもってける訳がないからすべてを手に入れたいと願うのだけれど。でもそう願うから今度は今の自分がひどくちっぽけに思えたり。現状がひどいものに見えたり。

中二病ってな言葉はわしは嫌いでね。でもネットで生きてると使わざるを得なかったりというかそういう表現をしないと伝わらない奴が多くて面倒で余計嫌いなんだが、まあそれはさておきそれを自称したり他称されたりする人のほとんどが「今の自分は本当の自分じゃない」とか思っているらしい。あくまでもこれは多義的に。もっと自分は凄い事が出来る、とかもっと自分は周りと違うんだ、とかだけでなく自分は本来こんなに恵まれてる筈がないとか、兎に角自分の心裡状況に現状がかみ合わないからそうやって逃げようとするらしい。まあ逃げるのは決して悪くないけれど。

自分でも果たしてそう思えているかは自信がないが、自分が何をしていようと何を思っていようとそれが自分の考えている事で自分自身なのだと、わしは思っていたい。

わしは本当の自分とか、居場所とかそんなもんはないと思っている。誰かに合わせる為に仮面をかぶったり、今の職場、あるいは学校などでなんとなく所在なかったり、それも全部そいつ自身だとわしは思う。だって、仮面をかぶったのはアンタで、その仮面を用意したのもアンタでそこにいるのもアンタだ。

自分の心の中でここは自分の場所っつって赤線引いて囲ってる奴を見たことあるかい?これは誰々の仮面で、これは会社用とか自分で用意しているつもりってあるのかい?無いと思うよ。だって目に見えないもん。だからそんなものはない。ないけどあるみたいにして生きていかにゃならんから悩む。自然体で、一番楽でいられる状況なんてあんまりないからね。本当じゃない自分で過ごす時間が多すぎるように思えるんだろうと。

まあでも悩まなくて苦しまない人生程つまらない物はないと思うけどね。自分がつまらない人間だとか不安でしょうがないとかそういう事を考えるのはとてもいいことだ。比較できるのはその逆を知っている訳で、自分をつまらないと思うのはそうではない理想があるって事で、不安があるって事はどうすれば安心できるか知ってる訳で。理想とか安心に至らなくてもそれを知ってるって事は一度はそれに触れているってことで。決して不幸じゃないと思うけども。

だから悩めよ少年的なww理想を掲げるのもいいけどね、別にポケットに隠してたって誰が怒る訳でもなし。自分が駄目だと思えばいいじゃないか。腐ってて擦れてて堕落してるとか悩めばいいじゃないか。しょーじきそんなに大層な事でも深刻な事でもないとわしゃ思いますよ。

だって物語がハッピーエンドで終わればみんな喜んだり羨ましがったりするんだし途中でどんだけ悩んででも結果が出れば万事OKでしょ。んでもって生きるって事はいつだって全部の途中なんだし。


更に明日分へ続く
書けん。


書け~~~~~~~~~~~~ん。

ん~、書けん。これでもかというくらい書けん。

あーもう書けん。

さて、仕方ないからまたカレイドスターでも見てみるかな。DVDボックス買わなきゃ。



こうして時間とお金はなくなっていく。
久々に風邪で仕事休んだ。いや、前日から明らかに体調不良だったが治るやろと思ってたら悪化しました。熱は38度で大したこともなかったんだが下痢がひどい。一番ひどいところは10分おきくらいで二時間近く続いた。腹にくる風邪ってのは滅多ないから焦った。大体喉と鼻。

下痢さえなけりゃー仕事にもいけたんだけどなぁ・・・今月は収入が厳しい予感。師走なのに休みが増えてる…まあしゃーない。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ちよこれいとはーと all rights reserved.
プロフィール

まいむ@ムーン

Author:まいむ@ムーン
現在21歳雄。偏屈で批判家のジョーカー。
性格、マメで粗雑。短気で気長。本人すら把握できず。身長、服屋のついたて鏡に入らない程度。体重、焼肉で米を大盛り2杯と普通一杯程度。
実写よりアニメ、特撮を見る。バラエティは情報系の方が好き。朝Φ新聞が嫌い。エノラゲイが嫌い。
音楽家、作詩家、小説家。いずれも毒々しい部分を持つ。最近の口癖は「ってな訳」「いやいや」「成る程」「1ミリもないわ」「鬱陶しい」
格好良くて優しい人を期待する方にはオススメできない商品。
宣伝鬱陶しい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。