FC2ブログ
社会不適合なまいむちゃんのそれっぽいブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、げんしけんの続きで御座います。実は二日にまたいだりするのは日数を稼ぐ為だったりとかになっている気がします。実際投稿は連続で行っているのでその通りです。

この日付の分を書いている最中も腹の中にはサントリーオールド。別に取り立て好きでもないけど買って残ってるのですよ。ウィスキーは飲む量が少量で済むので便利なのですよ色々な意味で。いや、日本酒とか焼酎も好きですけどね。ガブガブいっちまいそうなので金かかってちょっと貯金増やそうと思っている身としてはきびしい。ちなみに寝酒をやると寧ろ正しい睡眠が阻害されるのでよろしくはないそうです。だからどーした。

恋愛なんて別に人生の二の次でいいだろと思っている人間ではありますが矢張りこういったキャラクターの魅力に溢れている作品を見るとどうしてもカップリング等気になるところです。腐男子と書いてふなむしです。いや違うか。まいむちゃんです。ホモも別に嫌悪している事はありません。敢えて見ようとかいう気はないんだが。という訳でキャラクターの話。取り分けおぎーと勝手に読んでいる荻上千佳の話。あるいは笹×荻。笹とは主人公笹原の事。ヘタレぶりがちょっと自分に近いです。

過去に惚れた、と思う人物をあげて下さいと思うと必ず欝入ったようなタイプの人とか世間ずれしてる人とか兎に角どこか一般的人種とは違う、語弊ある表現ではあるがオカシイといわれるようなタイプがあがるわし。どうやら一般人を好きになることは出来ない呪いにかかっているらしいです。いや、わしとしてはそれも含め普通の女の子だよなぁとか思ってはいるんですけどね。いっそなにかしら病んでなきゃ萌えねぇとかそんなことでも思ってるんですかね。

でも何某か異常性を感じる人の方がわしには良いと思える。人を見る目はないですがそれでも他人の長所短所は比較的早くに把握出来ると自負しておるので本質とまではいかないまでも大凡の人間の性質とか言うのは分かるつもり。それを踏まえて個人的にはその荻上のような何かの異常性を抱えている人間の方がわしには魅力的に思える。何故かというのは簡単。矛盾しているように思えるだろうけど、そういう人間の方がまともだから。

この場合のまともとはあくまでわしの見識からなので「お前頭おかしいよ」というつっこみはスルー。
だってこれは真理だと思うんだけど、そういった異常性を持った経験がある奴のほうが根源的に優しさを兼ね備えているんだよね。盲目的に他者に優しい人間だって普通に考えれば異常でしょや?マザーテレサとか偉大だけど極一般的な生活をしている人間からみたらあれも異常だろ。彼女のしてきた事が事なだけにそうとはとられないと思うけどさ。悪意溢れるこの世界で生きるにはあの生き方は恐ろしいくらい馬鹿げてるしね。アンパンマンじゃない我ら人間は頭をちぎって他人に与えたら即死ということを理解してないじゃないかとすら思えるよ。まあ、理解した上で彼女はそんなことをきっと平然とやってのけていたのだろう。


まあそういうまともじゃない奴萌えなわしがおぎーに萌えるのも当然ということで、さっくり9巻読みきる間にすっかりほれ込んでいるわけで。そういう人ほど幸せになってもらいたいと思うのさ。で、おぎーが果たして幸せになったのかどうかは原作を最後までよんで見てくださいということで。

ヲタサークルに参加しつつもヲタ嫌いを公言していて、しかしやはりそんな彼女も腐女子なわけで、歩く道がいつも困難な訳で。そういったキャラクターにはほんと共感を覚えるし辛いし苦しいんだろうなと感じるし。人間はなんで個性ありきで生きる事を決定付けられているのか、世間のシステムはその個性をないがしろにしなけりゃならん造りになっているのかと思う。個性を尊重しようという今の日本の風潮も所詮は嘘だよなとも感じる。結局一般人の枠内に存在する個性しか一般には認められない。ほんと個性を尊重しようと言っている奴の大半が実は根源的には大衆的な奴なんだよな。右の舌で自分の個性を主張して左の舌で他人の個性を卑下してんだから。なら個性ってなんだよとかいう命題までもっていくともう話が止め処なくなるわ。あーまた次回まで話が伸びそうだ。

誰かを好きになっても、そんな誰かを好きになった自分が好きになれない、認められない。そんな心を持って生きていくってのはどういった気持ちなんだろうか。あるいは当たり前に起こる自分の感情の奔流を嫌悪したり畏怖したり生きるってのはどんな気持ちなんだろうか。誰にどう諭されてもそれを認められないのはどんな気持ちなんだろうか。そんなものを抱えている自分を認められないのに、それでも生きていなければならない。生きてしまっている自分を感じるというのはどんな気持ちなんだろうか。わしがそれを感じても別の人間が感じたその気持ちはまたその人だけの気持ちでわしにはやはり分かりようがないわけで。だからかねぇ、そういう人の心の奥にもっと触れてみたいと思うんだよな。

ほんと公式的に笹×荻でよかったよ。主人公笹原はそういったものに苦悩するというタイプではない。そしてそういったタイプでないにも関わらずそういったタイプも含めなんでも受け入れてくれそうな真摯な心がある。たとえインパクトはなくともそういう奴が主人公の物語はどことなく安心できるよ。地上でもがき続けるにせよ空を飛ぶにせよ羽ばたく者には宿木が必要なもんなのさ。

あ、でもおぎーは俺の嫁。

さて、また話がずれて無理矢理戻したところで次回。次回というかげんしけんとは関係ない話。
スポンサーサイト
いやぁ~、ハマってしまいました

げんしけん


やることやってからハマれやということは言いっこ無しにしてもらいましてっと。

いやぁねぇ、見ようかな、見たいなとは思いつつでもこれどーなんよと思ってわりとスルーしていたのですが、この度某所に全話うpされちょったので見たわけさ。そいたらはまった。現在原作を全巻購入し、OVA版OPをヘビロテして画像収集中。しかし公式以外だとあのふんわりしたタッチの絵がなかなかなくて切ない。そして公式はもう見当たらない場合が多い。アニメイトやらにあった絵とか今更集めようとかはさすがに無理があったか・・・萌え.jpに上がってればあれだったがその流れはないらしい。といって自分でスレ立てするのは時間的に無理。正直他力本願のクレクレ厨です。いや、まあくれとは言わないがくれるなら貰う。別に金出してもいいけどさ。出してももうないんだもの。

相変わらずゆるい日常系とか重いトラウマ系とかどっちも好きな訳で、どっちもある訳で(まああるといってもトラウマ系の方は原作の場合要素的には一部分だけではあるんだけどね)まあ非常にびったしきてしまった訳です。特に

荻上


相変わらず好きになる物語は何故好きになったのか分からんのがデフォでありまして、しかしキャラの好みはなんとなく自分で法則性分かるなーとか思うほど単純で。大人になったというかおっさんになったというか最近バトル物よりも日常系のが好きになる場合が多いかなぁと感じてきた。まあ多分結局そういった話の方が自分に近い訳で、そして何より憧れてたもとい憧れている物が詰まってるからとは言えるだろうね。

常時生き急いでいるもんでこうやって立ち止まって考えられるような物語がほんと好きでねぇ。あ、やばい。既に次回持ち越しを検討しつつ文章を書いている。二日跨ぎっぽいです。いや、何しろ語ろうにも最近ではその相手が近所におらんもんで。いやほんとこういう大学のサークルで仲間つくるとかそういうの出来なかったし憧れるんだわ。ほんでいっつもアニメの話したりとかね
(げんしけんはアニヲタサークル、現代視覚文化研究会というサークルに集う楽しい仲間たちの話なので)

わしの専門学校時代もでもそういうことしてなかったわけでもないんだよね。音楽の専門学校で、アカペラ同好会として始まり、次々と人が抜け何故かアニメ好きばかりが残り、アニメの話をして過ごして、バンド活動をすることに落ち着いたサークルだったんだけど。結局ほとんどサークルというか元々一緒にいたのが集まってただけだったんだけどさ、楽しかった。もっと続けて、もっと色々やれたらよかった。ついでに彼女でも作れればよかった。まあもう今更さね。

秋に一度会ったきりでもう会ってねぇな。でもまあこうやって会う回数が減っていって自然とそれぞれに生きていくんだろうねぇ。いや、きっとどこかで会いたくなったり密かに思ったりとかはするんだろうけどね。でもわしは基本的に社交のしかたを心得てないから会うにしてもどう誘ったものやらとか思ったりも。ほら、げんしけんから話逸れちょるwww。で気付いたがやっぱり人恋しいんだねぇ。でもあの人もあの人もそれぞれの場所できっと上手くやってるから大丈夫なんだろうしわしの出る幕ないなぁとかも思ったりね。あー、サントリーオールドが腹に沁みます。飲みにいきてぇww

なんかもう話飛び飛びなのでここらで一旦終了致します。以下次回。

ちなみにこれの下書きが実は3月時の物という。更新おせぇwww
ハンターハンターね。
まあ、なんだかんだで面白いから続くんなら続けという感じ。新刊でたらどうせ買うだろうし。
こう、慣れてるんだよネットで神が現われるのを待つ身としては急に新作が出なくなったりするのとか。なのでまあ気長に待つさ。


という話題をクリスマスイヴの日付にするもんでもないんだが、仕事だったし取立てすることもなかったからいいや。


たまに漫画を全巻一気読みしたくなる時がある。今回は偶然カレカノを選んだ訳で、そしたらアニメも見たくなっちゃったので全話見ましたとも。なんか久々に見たら演出方法やらがたまにメダロットみたいだったのでなんか熱かったね。今石にいやんもいたしな。

しかし庵野作品はなかなか好きだ。激メーションも久米田んが言う程は嫌いでないしな。生過ぎる表現とかも良し。関連でエヴァもトップを狙えやらナディアやら見たくなってしまったじゃないか。までも今エヴァを復活させて完結ってのはどうなるんだろうねぇ。90年代の作品の雰囲気って結構好き。今の時代からすると色が薄くこすれたイメージがあるんだけどそこがまた色が綺麗なはっきりした今のアニメと違った印象があるからなぁ。エヴァも当時と同じ感じで作ってくれると嬉しいがやっぱり今の塗りになるんだろうかね。

結構少女マンガは好き。有名どころとかを抑えてるわけじゃねぇんだけど地味にあちこち好きさ。津田さんやら安野さん(あ、庵野妻だ)とか新条さんとか他は残念ながら作者を覚えていない。まぁでも少女マンガでドロっとしてるとか言ったら内田春菊は見られない場合があるが。

まぁ今更感想を改めて書く気はないが取り敢えずこれも揃えときたいねぇとか思ったよ。そうしてどんどん深いところへいってしまうんだろうなぁwww
なぜカテゴライズが漫画の部分なのか。それは漫画の奴が少ないからとそんなにしょっちゅう美術館なんかいかないから。でも上野のやってる奴と新宿の途中に在る奴はみたい。

学校のなんかでただで行けたらしく、その日色々授業やらなんやらと、結局出演で見られそうないいのがなかったのとでその日にあった阿佐ヶ谷だかなんだかのストリートライブ(行ってないので詳しくは分からないがなんかそのへんで色々やるらしい。ストリートだからただなのかと思ったんだがチケットがあったのでそれも原因。ただで見れたのかは謎。ただで見れないにしたら社会人バンドとかは好きなところが一つあるのでそこが出てなかったからいいやと思ってしまった)を諦めてぎっぽんろんに出陣。

六本木は面倒くさそうな町でした。あまり個人的には好きではないかも。まぁ彼女が出来た時いこうということにはなるかもしれないとかなんとかかんがえてみたりみなかったり。とりあえず一人では別に行きたくない。美術館自体も異常に高い位置にあって面倒だったし、美術館自体の雰囲気もよろしくなかったのでその辺はちょっと不満。ただ絵が色々見られたのでなかなか幸せな気分でしたよ。

モネとかルノワール、ドガ(ドガは良く分かりませんドゥカティだったら若干わかる)の印象派の絵とか(個人的にはルノワールの柔らかい線が好き)

ゴッホ、ゴーギャンなんかの後期印象派作品の並んでるとこ(ゴッホは個人的には印象派全体で一番好き。ゴーギャンもでも外せはしないんですが)やら近代彫刻のロダン、他(名前忘れ。とりあえず考える人とかやっぱり中学の時偽物が学校の前の方に飾ってあったけど気持ち悪かったのはこれもそうかとか、昔の人はちんが小さいとか大理石から削った彫刻はそのまま大理石に戻ってしまいそうだなとか思った)の彫刻スペース

前衛芸術、新しい芸術のとこではピカソ、ブラック、マグリット。ピカソは一時期こんな線が力強かったのかとか実際見るとそう気持ち悪くもないなとかでもこんなに見事な線が出るんだなとかブラックのはなんか昔みたような気がするとかルネ・マグリットの秘密の生って奴はえらく気に入ったとか。

北ヨーロッパ系のスペースは…まぁよかったしこれはってのもあったがそんなに好きじゃなかったなぁ。ミュンターとかモンドリアンとかムーアとかムーアがわかるの限界ですよ。それも殆ど名前だけ。

でもこういうの見るとほんと色々考えるなぁ。色々考えないで済むような絵もあるんだけどね。軽いって意味でなくてね。

いや、よか経験でした。

ちなみに行ったのは随分前の話。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ちよこれいとはーと all rights reserved.
プロフィール

まいむ@ムーン

Author:まいむ@ムーン
現在21歳雄。偏屈で批判家のジョーカー。
性格、マメで粗雑。短気で気長。本人すら把握できず。身長、服屋のついたて鏡に入らない程度。体重、焼肉で米を大盛り2杯と普通一杯程度。
実写よりアニメ、特撮を見る。バラエティは情報系の方が好き。朝Φ新聞が嫌い。エノラゲイが嫌い。
音楽家、作詩家、小説家。いずれも毒々しい部分を持つ。最近の口癖は「ってな訳」「いやいや」「成る程」「1ミリもないわ」「鬱陶しい」
格好良くて優しい人を期待する方にはオススメできない商品。
宣伝鬱陶しい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。