FC2ブログ
社会不適合なまいむちゃんのそれっぽいブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿在住マーティ・フリードマンの話をする訳ではなく、眼鏡の話。

わしは目が良いが眩しいのが苦手。なのでパソコンとお外では眼鏡を掛ける。体育の授業で体育着が目の前に立っているともう世界が消えてしまうくらいなので(っていうか皆様あれ平気そうにしてるが平気なのか?絶対何も見えないぞ)眩しいの駄目なんだよね。鼻は悪いし何でも食べ物は食べられてしまうし痛いのはわりと慣れてる方だし(くすぐったいのは駄目かも)鼻悪いし耳片方聞えないでちゃんとしてんのは目だけなのでこれはあんましだめにしたくないんだけどさぁ。

とりあえずUVカットではあるらしいのだが、電磁波が防げるかはわからない。でも調べてもなかなか出てこないので今のところパソコン眼鏡の代用的にうちの中でも眼鏡(正しくはさんぐらさんの色が極端に無いやつ。ぐらさんコーナーで売ってたし)を掛けてパソしてる。

でそんな所為か眼鏡を装着するのが癖でいっつも装着してんのね。流石に最近は授業中に外すということをおぼえたがそれでも終わると装着。パソするわけでも外出でもなく装着。

始めのうちはわしおっさん的に人相が悪いのでそれを隠すのにもいっかってがっちり装着してたんだが髪の毛のばしたのとパソコンやりすぎとの影響もあってか左目の視力が多少落ち(でも平均程度なんだけど落ちると恐いね)それでどうにか外す癖つけ。でもお外は眩しいのです。思わずもってあるいちゃうんだよな。あと相変わらず人相が悪いからつけてしまうのもある。

これ室内でもつけてていいんだろうか?でも本読むのにはあんまりよくない気がするし、視力落ちるかもだし。鴨出汁。どっちがいいんだろうか?パソにもこの眼鏡は効くのか不明だし。一応ノーマルな時は外したほうがいいんだろうか?でもいつも目を細めなので(糸目ではないよ)ほんとに外すと人相悪い。ん~微妙。

あぁ、どっちがいいんでしょう。意見求ム。
20060729024711.jpg


著者近影ってか。一応髪きったのでそのバージョンのプローフィール画像に近々するつもり。髪の毛切っていいねとあちこちで言われてます。やっぱりわしは髪を短くした方がいいのでしょうか。そっちも意見求ムってわしの顔を知らん人ばかりなのに求むもあれもねぇか。
スポンサーサイト
キャラコントはインパクトも強いがネタの印象そのものは薄れてしまうことがありがち。あぁ、こんなんだったよねってのが。非常に曖昧なことになるの。だからキャラコントはダウンタウンが一番オモロイと思う訳。…若手も凄く好きだけどね。
どうでもいい話から入ってみましたまいむです。今日も今日とてデジモンやらなんやらの話です。

んでその話をする前に先ず道産子ちゃんへのお返事。また例によってutさんへのお返事は内容の中で。

道産子タソへ。ピンクか赤か黒かどれにしようかねといつも思うが大体ピンクな気がするぜ。っていうかだぜって言うとメダロットのりんたろうの方が浮かぶゲームボーイっ子。

っていうか見とってくれたんねwいやいや有り難し。色々参考になるご意見有り難し。そーかぁ、っていうか伊達眼鏡って流行ってんのか?まぁなんか薄らそんな話も聞いたような気はするが。ブームの元はどこだろう?
そうねぇ。やったら今度伸びたときにしっかり梳いてもらいますか。無論友達にやってもらいます↑ただ、処理が雑で雑毛が残ってるけどwこれはこれで今は気に入ってるけどね。

じゃまそちらさんが鋏の方ってかシザーマンさんに髪の毛切ってもらったりしたらみしてねぇ~って学校行ったら見ることになんだけどw画像でも送ってくれれば此処に載せてあれやこれやナンヤカンヤ。なんてね。ご意見ありがとさん。ところで有り有りで思い浮かんだんだが、アリアリアリアリアリアリ言ってるのはステッキフィンガーの人だったか。…徐々の奇妙な…いやネタ。アリーデヴェルチ。


ってな訳で本来業務。
ボウケン。なんか結構今回まろやかな話だったような。ただ哲哉明けだからか印象が薄い。のでかなり感想が書きにくい。ただ姉さんの回なのにあんまりそのうまみがなかったような…今回の脚本誰だったか見てないのだけれどなんかもう姉さんを魅せて欲しかったなぁ。まぁまぁ満足はしてんだけど。…うわおわっちゃった。短っ!

蛙パンチというかジャッキアップはなんとか時々でてきそうですが捜すモード学院は危うくない?と思うのですよ。というか金属探知機で何を捜すのか。その前に子供のおもちゃに金属探知機って。まぁ楽しそうだけど。

カブトライジャー。ん~真面目なほど脚本の弱さが…何か今回色々おかしかったような?っていうかなんかこの感じは響鬼のスタッフ変更の辺りの雰囲気に近いが…どうなんでしょうか。取り敢えず初のカブトダサ姿お披露目―――なのだけどな~んか初にしてはあんまりいい感じにダサくないんだよなぁ。もっと初にダサくなるときはなんか済ましてんだけどダサイっていう微妙なこの感じを欲しかった。っていうか無駄に今回天道ちんは熱くなんか鏡が二人に増えた気分でしたよ。なんか変だった。

それと今回の話こそ二話に分けてやって欲しかったなぁという印象。色々とぶちこんだというか次回までの整理みたいな感じでどうも話を打ち込みすぎた気がしてっていうか合計3,4人ぐらいの分割ストーリー入れてた気がするしそれはいくらなんでもやりすぎやろと思った。半分の量で気持ちよかったと思う。それぞれの話が散漫であんまり満足しなかったよ。折角筋的には面白い部分なのになぁと。後武器の新システムとかは毎度知りたいと思うんだけど殆ど説明してくれないよね。なんとなくで毎回w

ゴロちゃん男前。変身するのか?というか変身しろって感じ。そしてサソードはなんかより話的に酷いよなぁ。っていうかアレだけ重たそうな部分の人だったのに死ぬ時ノーマルなワームかよ。そして的中ボスはどう見てもロブスターオルフェノク。役割的にも。
確か今回で仮面ライダーは終わりという噂も…でも映画は出来るほどだしなぁ。どうなんだろう。っていうか次回ゴンいなかったか?


デヅテソ。今回もまた凄く諸々と雑な感じがしたんだが…なんとなく今回過去にない程デジモンらしいような気分というか朝にデジモンを見てるなぁっていう気分がした。何故か和からんがこれがデジモンって感じがした。単にその時の気分だったのかもしれないけれど。

諸々のおかしいなってのは毎度なので触れないとして何か色々と伏線。まぁあえて触れず。ちゃんと次回とか楽しみにしましょうかね。そんであのブロッサモンのあからさまなデジモンさ。凄く小気味良かった気がします。そしてなんかいい加減各人声優がなれてきた感があって(いまだに前田健は何か不自然な作った感じがするが)よしのんもちょっと上手くなったかなぁと。いい感じです、やっぱりあの私服はでも失敗だろうと。制服の方が可愛い筈だ。そしていい加減脚本陣はキャラクターをまとめてくれ。ちょっと幾ら弱ってるとはいってもよしのんのキャラも結構違うし兄貴もなんかおかしいぞ。そしてトンマさんは医者アビリティゲット済みか。もう困った時はアビリティ装着で話を進める気だなw今後も特例は増えるのか否か。

歌の話ですが、ファイズはタイアップとしては悪くないんですけどやっぱりあのそのままのクウガやら響鬼前半のそのままくさいオープニングの感じに比べるとタイアップだなと感じてしまうのです。個人的には挿入な要素もあるので挿入としても頻繁に使って欲しかったなぁなんて。
センちゃんの曲はエンディングってか別に聞くのが良かったような。短くしてるのか歌詞が飛んでるように思えてそこが何か不自然な…枠がちゃんとあればエンディングとしてはよかったかも。まぁあんまり分からないですが。


まぁそんな感じです。
どうでもいいですがお金を借りすぎないようにっていうなんかコップに水を張っていって最後に溢れるってCMはなんかおもらしのイメージ画像に見えるwそして昔見た公共広告機構の猫が出てたCMの感じがしてなんかへんな気分。
あっしたわぁ、たのっしいは~な~びぃ~ん♪
という訳ってことでもねぇのだがこの映画「打ち上げ花火下から見るか横からみるか」…御免正しいタイトルは失念してる↓雰囲気で言ってるのであんまり針葉樹林です。
この映画ねぇ、好き。…特別よくはないよ。ありがちな話だし変なとこもいっぱいある。でも好き。だって結局そこじゃないもんなぁ映画の楽しいところって。…わしがこの画の取り方格好良いとかこの役者素晴らしいって言うのはわかる範囲でただ思って言ってるだけだから。本来はやっぱり物語。多少その中にうそ臭さがあったってそれさえよけりゃ(物語の軸がしっかりしてると自然に役者もよく演じるしうそ臭さってなくなると思うんだけど)いいもんはいいさ。ハリウッド超大作とか画とか凄いなと思うけどあんまおろもなかったりするやん。

って頭の方でありがちな話と言っているのにって感じですかな?いやいやありがちな話は好きですよ。ただ、ありがちをありがちに描かれるとむかつくなって思うけど。ありがちをありのままにとるのとは違うぜ?ありがちをかざろうとしてくる精神は嫌い。そういうのが無駄にキャラクターを殺したりするんだからさ。ありのままやってくれりゃなんでも感動するさ。クレしんもドラもその他諸々。でも個人的には恐竜は昔派なの。…あ、でも今のを見たら好きになるかもね?どやろ。

っと大きく離しがソレンスタム。…一日何回こうくだらないことを言ってしまうのか。…現実の僕はもっとおもろいよ~。こんなつまんなくないよ~。…だって、おっさんだもん。昔からそうなんだもん。仕方ないんだよ痰でるし。痰かーってやって何が悪い(`□´)手前が性行為してる間にこっちゃ四つんばいでカハーカハーダースベイダーだよ!
という訳でそういうことがあって今のおっさんなわしなのです。そのくせにきびは出来る出来るチョコの所為。もういい加減控えなければ↓でも糖分多目に摂取しないとまた痩せるし頭回らんし。

…ごめんなさい話飛び杉でした。んで杉と言えば杉田かおるはいいかげんもう新恋人とか(噂だけだっけか)どうでもいいような…めちゃイケの武田がらみぐらいしかおもろって見ないんだよなぁ、っていうめちゃイケももうそろそろ…そしてリリーフランキーの東京タワーも再撮影で洋ちゃん激怒(ガチかはその文面を見てないのでわからない)圭ちゃん何しちゃって…いや言うまい。でも相手の女は果たして本当に強姦だったのか。フライデーだかの記事を見る限りでは非常に嘘の気がするんだよね。でも、公式に自分の意見が出されるところでキモイとかそういう言葉を使う女は別に和姦でも強姦でも勝手にやって勝手に病気してかってにどうにかなってろと思うよ。味の無い女は嫌いだ。するめみたいに見た目よくないとか言われたってそういう味のある女の方がすきだね。付き合えば付き合った分だけ惚れてくんだ。

…わざとやってるとお思いのかた。

大マジですよ

大マジに話が飛んでしまいました。大マジって自分で書いといてなんやねん。マジで既に真面目やら真剣やらの意なのにそこに大きいって。せめて極マジと言うべきか。でも最近極と書くとクリムゾンという同人サークルが~~極とか書いているのでなんかちょっと引く。ところであれはワンパターンだよな。職人的感性なのはいいんだがわしは人の挿入を見ても興奮しないのだ残念ながら。そして大体裸に剥くからなぁ。裸がそんなにいいのか?生身をそうならともかく画の裸はもっとシチュエーションを整えて貰わないとおもろない。ってか只見してるくせに偉そうにいうなだよな。

…さて、この「花火(略)」だが94年とかそんなくらいの作品らしい。そして懐かしい画の出てくること出てくること。あまりに懐かしくて見てる最中

悶死

の危機に瀕したわし。地元にちょっと似てるんだもん。なんかしらんが神社があったり田んぼやら野があったり(海はここにはないが)そして登下校中のしょーりゅーけん、はどーけん、たつまきせんぷーきゃく。

やったなぁ

よくやったよくやった。みんなで移動中とか田んぼのあたりとかで好きな女の名前を叫ぶ

やったなぁ

どーにか女の子のえっちなところに触れようとする

やったなぁ…ォィ

友達んちスーパーマリオ

やったなぁ

もうちょっと時代が遅くなって64が登場したあたりの話だったとしても多分悶死だろう。画面いっぱいにスーパーマリオとか止めてくださいよ。お腹いたいッス。あれで女の子の縦笛を舐める奴がいたらもう立ち直れない。…わしは椅子に座る派でしたから。そして喧嘩をする派。いやぁ子供だ。

んでね、その映画はIFストーリーで一度話しを進めた後あの時こうだったらっていう話をもう一度やるんだ。(まぁ例えるならば日曜日に映画館に行くか買い物に行くかの選択肢を片方やった後にもう一度時間を戻して映画の中で別のルートもやっちまうの)だからどっちが本来のストーリーだったかってのはあんまり関係ない(と個人的には思う)本来編だと多分バットエンドかなぁ?まぁそれも生生しくてある意味ではいいけどね。救えない場合だってあるさ。それは仕方ない。仕方ないからわしは過去に戻ってもう一度何かを救おうとは思わない。仕方ない未来を変える努力は出来ても過去は変えてはいけないもの。過去に戻って何かを変えていいことなんてない。今の自分は今の自分だ。

…でも他人の事だったらどうだろう。それはやっちまうかもしれない。世界に規律がってそれを破ってはならないとかそういうのは全く気にしない。だからクロノトリガー大好き↑まぁそういうもんさ。

あ、それでひとつ前自分がやった酷い事ってのを思い出したな。前っても今年だけどさ。

ある人がある人(それが誰なのかってのは分からないし多分聞かなくてよいことだったと思う)を亡くした時にメールでそれが受け入れなきゃいけないこととか必然とかあげくにゃ試練とかいう事を言ってしまった。…正しくはその亡くなったって事とは別の事についてと、亡くなった事事態を避ける事は出来ないんだって事を言いたかったんだけど、ちょっと色々と言い方とかタイミングとか間違えた。間違えたですまないんだよでもそういうことは。

だから一時期その人とはもう関わらないようにしようって考えたんだがでも結局やめた。それでもしかしたらその人はとっても傷ついたかもしれないけど、だから放っておいたからってよくなるもんでもない。…無論人には自己治癒があるからきっと大丈夫ではあると思うんだ。でも自分がやったことに対しては責任を持つ。傷つけてしまったならその倍優しくできればいい。言えなかった事があるなら新しい言葉で言えばいい。それこそ携帯のメモリを全削除して逃げるってのは何なんだって事だし。久々に自己嫌悪だった。

誰かが亡くなるってのは普通の事で大変なことでそれ自体に意味なんかないけどそれから意味が生まれる。人が死ぬのを受け入れなくてもわしはいいと思う。受け入れないってのは「今もどこかで生きてる」とかそう言うことじゃなくて、なくなってしまったという悲しさを消化する必要がないってこと。ばあちゃんが死んだ時特別ばあちゃんが好きでもなかったわしはそれでも凄く泣いた。多分それは素晴らしい事で、それだけ想っていて想われていてってことなんだと思う。別に必ず泣けってんじゃないよ。涙腺が緩くない人もいるさ。だからなんつーかそういうのはそういうのなんだって…答えになってないがねwわしも良く分からん。

ん、だからその後その人とは普通にしようと思った。もっと友達になろうと思った。やりすぎちまうことってのはやらない事と同じでつまりは過ぎたるは及ばざるが如しと言うんだけど、普通に付き合っていこうってね。決心するこっちゃないけどさ、でも世間一般の言う普通ってのはどの辺なのかイマイチ把握できないからなぁ。わしは変だろうと自分でもう分かっとるけどそれが普通なんだとわしは思ってるから。…影に入ったら人の悪口を言い合って楽しむのが普通の事ならそんなもん肥溜めに打ち込んでやる。その時の人の醜い顔は汚い。だからわしは顔の綺麗な女が好きですよ。汚い顔の奴は汚いんだから。んでこれで不細工な顔つきの女は女じゃないのかと勘違いしないように。穢いもんは顔にでんだよ。髪の毛にもでんだよ。声にもでんだよ。全部にでんだよ。体格でなんとなく性格が予想できるのと同じ。気の強い太っちょと気の弱い太っちょとなんとなくその体格に違いがあると思うやろ。


まぁ結局脱線で戻ってこれなくなってきてる気がしますねwうん。まぁんでこの映画の引き、花火は横から見ても下から見ても丸いのか。そのシーンでこの映画が終わったっていうのは凄くうまいというか綺麗だなって思った。他のこの映画の本当にメインになる部分はもうそのシーンの随分前に終わったような感じになっている(でもその奥の本質的なこの映画の核となる部分はそのラストシーンの瞬間に訪れるんだけど)

ラストシーンって言えばほていさんはなんか凄くおかしいなぁって思うんだよね。別の意味でギターがさまになるよね。音楽的にあまり格好良いとは思わないんだ。音楽をそれほど聞き入ってなかったころいいんじゃないかと思ってたんだけど、今ではなんとなく江頭とかロシアンルーレットとかのってるぜとかネタに思えてしまう。あぁ江頭といえば圭ちゃん…いやもうよそう。

んでともかく!そのラストシーンはなんかすご~くありがちで飾りがなくて好きだなぁ。やっぱりね、日本の映画って映画としては凄くまとまりのないへんてこなものが多いけど映画の映画たる部分が優れてる気がするんだ。やっぱり日本の物語がわしは一番好きだよ。そんで画もある意味これだけインパクトのある画は日本でしかとれねぇだろとも思うんだ。迫力とは別の意味でもね。これは絶対日本の特色の筈だ。


…飛び飛びで凄く長く書いてしまった。まぁ読んでくださった方ありがとうと久々に殊勝なことも言ってみた。
060707_2005~001.jpg


駄愚(ダッグ)先生は言った

060622_1338~001.jpg


「※手前の仲購入された」

20060418014417.jpg


「意味が分かるようにで全く分かりません」








おえび
060718_1846~001.jpg



「はぁっ、はぁっここまで逃げ切れば大丈夫だろう」
「それはどうかな」
「何っ、はっ!お前は!!」

060707_1815~001.jpg


「団守彦!!」













探偵学園Q…

続き…そうもない
060707_1817~001.jpg


「パンはパンでも食べたくないパンはなんですか?」

「うぇぇ!?えぇ~となんていうか、ん~フライパン?でもフライということは揚げるって事で、揚げパンだったら食べたいしなぁ、どうだろうな、なんだろうな?」

「はいブブー。正解は

居酒屋クーポン♪

君はクリムゾンスマッシュね」


マジすか!

「ってDon't pan!!

(そもそも答えパン関係ねぇし!!)」


060622_1334~002.jpg




「おかあさん!私おおきくなったらお母さんになるね」
「えぇ、だってもう手が分離しないもの」






おしまい。
⇒ 続きを読む



「私はもう貴方と一緒にいることは出来ないの」
「そうか」
「そうかって、それだけなの?もっと言うことはないの」
「すまない」
「…じゃぁ、もういいわ。元々相容れない者同士だったのよ」


そして二人は分かれた道へ進んだ

060705_2022~001.jpg






⇒ 続きを読む
今回はある意味どれも過去最高傑作というか…まぁ色々です。utさんへのお返事もついでに中で済ましちまおうという横着な感じで。

冒険。ついにカクレンジャーまで来たのかと思うと結構最近だよなぁと。…と良く考えたらカクレンジャーはわしの時代なので全然昔でしたもう何年前だ?戦隊モノは今の時間だったか?
という事で、今回は黒と銀のお話でした。正直言ってなんてバカバカしいんだと、正しくこれが戦隊モノだといわんばかりの王道さ。なんか知らんがリーダーの計らいと偶発事故により和解、だけどなんだか半端にいがみ合うというキャラ性を残しつつという色々見え透いた感が楽しい(本来そういう楽しみ方をしてはいけないのであるw)しっかし分かりやすい。実に。…そしてもう白いおっさんは小役人過ぎるね。あそこの軍団が一番好きかも。じゃが。

っていうかうちでの小槌でたから多分大きさの差っていう話はやるんやろなと思ってたがあれびっくりする比率やったわ。まさかロボで口の中に入るという荒業をやってのけるとわ。最新技術恐るべしっていうかロボ戦中のCGはなんとなくアメコミっぽいふざけ感が見えるよね。ディズニーか!欧米か!…タカトシ。

カブト。大仰にしておいて結局中身は分からないという良くある手口で謎解きを逃げたカブト。大体話の本筋を展開させるときはこれって気がしますよ。やや色々と意図しすぎな気はしますがまぁ好きなのでよし。やっぱりカブトの雰囲気は此の頃のライダーよりも好き。

そして今回個人的にはナイスでしたね色々と。ひよりはキャラに合わん服を着とるなぁとか、妹夏休み入った直後に服に気合い入れまくりとか相変わらず自由行動天道とか出オチかよ市原隼人とか急すぎるぐらい級だな上級ワームとか鏡は生身で銃弾の中平然と本拾いに行こうとするなとか影軍団は生身に対して少しは躊躇えとか、ってかそもそもこんな事があった後で(殺そうとしといて)事が終わったら暗殺もする気ないとかなんやねんとかもしかしたら殺す気なくてただポーズとしてやってるだけとかそれやったら警視総監色々考えてんなとかゴローちゃん本踏みつけてっけどあんた足燃えまっせとか1971年って時代考えろとかどう見たって555のあの場所まるパクリだろとか天道俺様っぷり演技が磨きかかってきたなとか。

蠍はなんだかんだで待遇いいですよね。最後にゃあれですが。自○するのかまさか。全てのワーム倒すから。

まぁその辺の大爆笑シーンはさておいて今回以外にも皆さんライダーズが格好良かったですよ、なんとなく。蜂の扱いがぞんざいなのはまぁもう仕方ないとして格ライダー上手いこと格好よい感じ。風間ちゃんは久々の登場を凄くどうでもいいシーンでやったにも関わらずなんとなく格好良く登場して闘って(まぁ敵の性質上絶対に勝てないと分かっているが)天道久々の光魔法カッコイイポースだし。諸々色々な意味で楽しめたねぇ。
っていうか気付いたのはガタがバイクにのっとるシーンの予告結構ない?それだけ。
あ、後今更ストロンガーをカブトムシと認識。ずっと天道虫かと思ってた。だって赤いやん。相方の女は天道虫だった気がするし。はっ、テンドウ、ということはまさか…いや違うよあれはカブトムシだよ。

デジモン

またしてもやられたですよ

クロノモンといい(予定のネーミングはクロノスモンで大分姿違うしフモードとかないけど)なんか色々やりたいことが全部先に発表されちまうなぁ。まぁでもやるけどね。そう何をやられたかっていうと

ザ・横向き

やろーと思ってたんだよ。まぁそれ以前にジョジョ6期あたりでやられてるけど(能力名忘れ)アレ好きだったんだけど終わりはん~だったなぁ。いやあれがベストなのかもしれんが個人的には納得いかん気分。まぁとにかく先にやられた。

っと、状況的に相当後になるとは思ってたがここで来たかぁ。ただトーマのデジタルワールドだからなんでもありって台詞は明らかに初期作品を意識してのものくさいので削って欲しかった。まだ2回しか来てない場所でなんでそんな全部分かったみたいに言えるんじゃい。と思ったら脚本は大和屋ですよ。こういうのやらすとトチるんだよなぁ…あの人は。

そして今回全体的に色々カットしたのかい?と言う感じの部分が多いね。色々情報詰めようとしたのか単純に配分ミスかそれとも全体の構成を監督が考えきらんかったか分からないがあまりにシーンを飛ばし杉だなと思った。なんかもう既に話が進む前から道筋が全部決まってるように見えた。要するに作りもんっぽかったってこと。

そいでなんか知らんが男二人はわざとやってんのかGUMONに糸巻きつけられるときわざわざ手を後ろ手に。しかも腕を肘で90度に曲げて並立させる。とっさの対応で考えたらよしのみたいになるのにぃ。さてはMだな二人とも。癖なんだきっと。

今回話しの筋についてはあんまり興味がなかった。大体どういう展開になるかタイトルの時点で読めてたし(ってかそれよかに大問題とよしのの夢の中があまりに雑過ぎるのが気になる。やっぱりカットな雰囲気が…)分かっていてそれでもドキドキする訳ではないんだろうなと思った。思ったとおり夢の後のフォローが雑。急に母親登場で悪夢意味なしって前触れなさ過ぎる。どうそういった結論に導いたのかがまるで分からない。そうするならせめて夢のなかで過剰にトーマが反応したのもどうかと。表情で寂しそうにする事はあっても夢だって分かってんなら彼は熱くならない筈だが。逆に夢と分かってなかったら起きた直後の対応がスムーズすぎて気持ち悪い。なんだアイツ全部お見通し天道総司か。

寝起きで「メタルファントモン許さない」って寝ぼけた事言ってんじゃないよw取り敢えずメタファはフォルムが好きだけどメタルにしたらファントモンの優位なる特性がなくなる気が…デスファントモンとかでよかったんじゃ…?相変わらず名前に拘る男。故にクロノモンでなくてクロノスモンだろうと言い張る男wでもクロノトリガーはそのままでいいんだという男。語感互換。そんならマッハガオガモンでなくてマッハガオモンでもいいじゃね?とか。でもまぁ響きはいいからよし。

んでそのマッハガオガモンの進化シーンはやっぱりアニメーションが好きなわしにとっては最初のトーマ君の動きがん~なのとCGの途中がなんか動き可笑しいのが気になるが、CG好きだねぇ。アレ今回いいねぇ。ライズグレイモンよりもいいねぇ個人的にはこっちの方が好き。
そして今回はやっぱり特殊な環境ゆえか結構戦闘も好きよ。…やっぱりアニメーションと動きの発想は良くないけど全体の雰囲気が良い。後三フラウがやけに強い!えっと、確かもっと雑魚そうなのを彼女は倒せなかったような記憶が…っていうか成熟期が成熟期を一掃するなし。マッハガオガモンにやらせろだし。その辺もやっぱりカット臭い感じ。

んで次回への結び。デジタルワールド内だから常に次回に繋がるって事で何か連ドラ形式でお送りするのかねぇ?そして現実世界の話は凄くカットされそうな雰囲気。大丈夫かもう2ヶ月くらいサツマの顔が見られないってこたぁねぇよな?

そして次回急に共闘ですよ。…ん~やっぱりこの展開の速度を速いと感じるのは何故なのか。あまりに常にメインストーリーに絡みすぎてるからかな?起承転結が起転転転に感じられるよ。どっち向きに進むねん。やっぱり六本木、大門方面か。大江戸線は地下鉄なので車内がうっさいんです。

それと今回ホボ初めてまともにオープニング、エンディング、挿入歌をまともに意識して聞いたのですが、…ん~微妙。ちょろっと聞いた分でも微妙だったのでまぁ微妙。オープニングは先ず造りが荒い。後アニメの選択間違いだ。あれはもっと朝早い時間のロボ系アニメの曲だと思う。エンディングはそもそもあんな愁傷なデジモンセイバーズがひとつもないので雰囲気にあってるのか判断できない。後歌詞に一貫性がなくてよく意味が分からないのだけれど?ポップでそれをしたら一番安く聞えてしまうのだよ?ロックンロールなら意味を読み取れないくらい独自の物であっても何かその伝えたか次第でどれの事を言っているのかとかなんとなく分かるけどポップでやるとねぇ…単に技術不足に見えるんだよね。

挿入歌は…今回なんか入れるタイミングはあれでいいのか、みたいな。それはさておき取り敢えずん~と。印象に残らないんだよなぁ。燃えない。昔のデジモンの挿入歌は今聞いても明らかに音よくないけどなんか燃える。その意識が残っているからなのかそれとも別の何かなのかその判断は未だ出来ずだけれどなにかやっぱり根本の部分に違うものが歩きがしてならない。なんというか、特にスケール感。大きさって意味のスケールでも音階って意味のスケールでもそう感じる。それがなんか違う気がする。他の番組に比べていいかっつったらマシな部分もあると思いますよ。

下手な声優が歌ったエンディングとか酷いしボンボンブランコは糞だし、ナルトの有名アーティストのタイアップはなんかその色出しすぎでなんかただ曲出しただけ感が否めなかったり仮面ライダーカブトのオープニングは歌が何も伝える気なくてその上下手で曲も意味が分からないのでなんかもうどうでもいいっていうかいっつもオープニングでチャンネル変えてます。あれは仮面ライダーじゃなくてたんなるタイアップだよね。555の一茶の時も感じたけど。アニメタイアップで一番上手い有名アーティストと言えばやはりポルノグラフィティでしょう。あそこはどの作品でもなんかともかく雰囲気が見事なんだよねぇ。GTOとかハガレンとか見事な仕事っぷり。逆にラルクは下手糞。数けっこうやってんのに全然作品にあわす気なし。個人的にはじゃぁ別にアニメに来るなって気がする。勝手にやってもある程度売れるやろお前ら。アニメに降りてきてやってるって気があったならマジで消えろと思うよ。流石にそれはないと思うが。

アニメの曲ってドラマの曲ともまた違って凄く難しいもんなんだよねぇ。ある意味ではとても単純なものなんだけど。ドラマの曲ってのは内容にそれ程関係がなくてもなんとなく雰囲気が重なったり単純に曲自体が売れる要素をもっていれば気に入られる可能性は凄く高いけどアニメの曲ってただばっとだしゃいいもんでもない。…無論ドラマと同じ性質を持っているから売れるもんは売れるんだけどさ、でもそう言う場合案外その時期のアニメの内容はそんなよくもなかったりする可能性もある。

思いっきり内容にそっても今の時代だと難しい。…あからさまになんとかのマーチなんて子供が飛びつかなかったりするしね(そこをかいくぐりプリキュアは結構上手くやったとわしは思うんだ)戦隊モノは安定してるよね。安定して上手くやってる(曲として駄目なのも結構あるが)色々あるんだわ。本来の部分で上質なアニメを作ろうとしたらね。今わしの地方の放送で新谷にガンダムダブルゼータ辺りがやってんだけど(ゼータくらいからちょこちょこ見てたのに数週間見逃したらいつのまにかダブルになってた)そのオープニングとエンディングは音響やらそもそのの録音やらが気持ち悪いけど結構好きなんだわ。そういうもんだと思うでアニメって。そして音楽って。

っていう感じかなぁ?余計な事を色々と言いすぎたな。取り敢えず
現在のパーティはエル、レニア、クウェル、ユークです。取り敢えずまぁ次の世界に行く前に色々世界中を回って遊んどるところです。正直オークションでお金使い過ぎました。アビリティ早く上がってくれ。

という訳でFF9をやってます。…本当にやってる人じゃないと何がなにやらな話で申し訳ない。っていうか上記出てきた名前全部でとらんやんとか言わんで。わしのネーミングセンスやから。

ちなみにフルで紹介すると
エル・トライバル(ジタン)
ヴェニス(ガーネット)
アデルバート・アダレイ(スタイナー)
レニア・クレセント(フライヤ)
ルビアン・オルニティア
クウェル・クゥエン(クイナ)
アルバイン・コーラル(サラマンダー)
ユーク・キャルオル

説明書順です。
こういうの名前をきっちり考えると止まらなくなってしまうのですよ。一人つけると思わず全員がっとつけてしまう。フルネームでの音の流れとか色々小ネタとかで名前付けてます。個人的な傑作はレニア・クレセント。なんか凄くビンゴした感じ。っていうか今回は元名もわしの着けた名もなんとなくフランスっぽい響き。

ジタン=エルはうちの小説のキャラに似てたから。ガーネット=ヴェニスは濁音を頭に来させたかったのと魔法を使う感じの響き。アダレイ=スタイナーはイニシャルをA・Aにしたかったから。んで思いついたのがAがキャノンボール・アダレイ(ジャズの人)だったので。レニア=フライヤはクレセントの前は3文字がいいなってのとなんとなくかなり本質的には女っぽい奴なんじゃないかという事で結構乙女な名前にしたかったので。

ルビアンはビビって響きを前より後ろに持ってくる為。後は思いつくままってか、ルビと頭にくるとなかなか後ろに付け難いので必然的にって感じ。クウェル=クイナはホボ思いつき。無論Q・Qにしときたかった。まぁクゥエンのウを大きくしたかったってところも。結果的にこの人の師匠クーエンとやや被る形に…食える食えん。

アルバイン=サラマンダーはもう完全にゾイドのアーバインからですね。というか藤原wなんとなくFFには藤原声が多い気がするのです。ってかとにかく今回あからさまに名が体を現す感じを消したかったの。エーコ=ユークはちょっと文字を斜めにしただけというwっていうかエーコがあんまり変えようがないからってのも。これ完成度高いからね。でもこれでもかなり語感がいい筈。

軽ーくアンケートをとりたいくらいの。どの名前が一番好きですかってね。

名前って大事よ。うむ、だから親はだっさい名前を子につけてはいけないね。奇をてらいすぎるってのもあれだけど。だって一生大事にするもんじゃん名前って。だから細木馬鹿とか思うんだけどね。別に過去を変えるっていう意味では名前を変えるってのもいいと思うんだけどさ、人に言われて人に決められた名前付けてどうしたい訳?結局主体が自分にないんだから最終的には良い事出来る訳ないじゃん。芸名だからいいと思ってる訳?自分に名前を付けていいのは親かそういう存在だけ。
とか思いますけど?そういうとこあるから嫌いなんだよねそういうの。大体彼女の本筋の占い学から考えると名前関係ないじゃん。アレ生年月日やろ?なんで名前でてくんの?名前を否定したら軽くその名前の人間は死ねっつってんのと何か違うかい?そいつ本人を否定してなくてもね。

と大分話がそれた。ただ今FFナイン中。故にあんまりここ更新でけんです。…あ、後で取り敢えずデジモンの話はしときますよ。
…ところで皆さんエフエフとファイファンどっちで言います?わしは7以前の時代はファイファンでそれ以降はエフエフと呼んでます。
まぁ学校で「スティルクレイジー」なる映画を見た訳。まぁ当然コメディタッチなのでね、まぁ上げて4点てとこかな。アレ系は向こうのコメディでやると主軸が何処にあるのか分からなくなるんだよねぇ。まぁそういう雰囲気は好きなんだけどね。

まぁ70年代のロックンロールな野郎ってな肩書き?の人々が再結成してまたバンドやるって話なんだけどなんか凄ーくつくりものくさいの。…一部やっぱりこういう人々は演技が上手くてそこがリアルなんだけど話が作り物臭いから非常にみていてバランスの悪いwあと音楽おかしくね?あれ70年代か?まぁそういうのはいいとして特に感動する訳でもない感じで。単純にその場楽しめる仮面ライダーカブト的な…いや、カブトは好きだけどこれはもう一度見直すかと言ったらどうだろってとこだな。主人公っぽい人が思い出に囚われるなとか言ってるけどそこを乗り越える部分は一切なく結局ヒロインも思い出の方へ走るってある意味では素晴らしい作品。…解決なしかよ。あでも主役の人の雰囲気は好きなんだ。あのちょっと野暮ったくもスマートなアウトローさが。役柄か役者か判断しかねるが。

どうでもいいがやっぱり外人はあんまり顔の差が分からないのね。あの映画でみたあの人のような気もするけどどうだろうってのがいっぱいあった。なんか変な気分。まぁ単純に授業としてみる分にはおもろいとも言えるが自分から見ようとは思わなかっただろーなぁ。

っていうか推薦っていうからには色々考慮しつつもこれが一番思いと思って薦めとるわけでしょ?…あぁ、音楽系ではっていう部分もあるからあれだけど。これを一番としたそのセンスはどーだろうねぇ?もっと色々あんじゃね?まぁわしの

カウボーイビバップ天国の扉

よりはいいかもね。なんてったってコテコテのコステロですから。無論エルヴィス。とかくだらんここ見る人のどのくらいが分かるねんってな事を言ってないでね。でもやっぱりあの大スクリーンでそれを意識して作られた映画仕様のカウビは見たかった。今このサントラ聞くとバップ、ラテン系、クール(っぽい)フュージョン、ファンク、ブルージィジャズ色々とあるんだねぇと思った。流石菅野。無論美穂ではなくよう子。でも岩里ゆーほって人の作詩は微妙に上手くないから微妙。いやそれはアニメ版エンディングの話。ツボは確かに抑えて実力派なんだろーなとは思うんだがこの書き口は好きじゃない。言葉単品は非常に勉強になるんだけど。

ん~でもやっぱりカウビの世界は酔生夢死な感じが好きなんだよね。その場限りだけどある種真っ当に生きているような。全然カタギじゃないけど。生まれたその瞬間以外はすべてオマケのような、でもそのオマケの中にどうにか自分の生の意味を見出すような、誰もが抱えしかし誰もが無くすような悩みをそれぞれ持って。単純に格好良いよね。

とか凄く話がそれてるんですけど。さいあくなんですけどぉ。力を抜く感じは分かったからちゃんと録音できるようにはっきり喋ってくれ。…セイバーズ愚痴。

あぁ~でもそんな映画授業も今週で終わり。しかも短いのをちょろんとらしいし。あぁ~な、個人的大ヒットはリンダリンダリンダかね。次点はSWEET SIXTEENかな?かなりオルタナティブな作品だけどああいうのも好きだよ本来はエイミーでも入れたいとこだけどあれはもう結構有名だし宣伝の意味も兼ねて。曲とか沖縄の雰囲気だけならナビィの恋も上位なんだけど如何せん運命に引き裂かれたとか運命を乗り越えてみたいな恋愛と親の別れる話は苦手です。

親父は決して不倫はしなかった(という記憶がある)まぁ、母親はその後なのかそれ以前なのか良くわかんないけど直ぐ男をつくったがね。だからわしは最終的にはどっちの親も好きになれないのかもしれないよ。…ってことはそういう血を継いでるわしもそうなるかもね。でもわし的にその辺の結婚だ離婚だ不倫だってのは割りと血筋よりも時代の方が影響してるように思うんだ。だって血筋だったら一斉にそろいもそろって30代で結婚しようという事の意識がまとめて意向するのは遺伝子を残すあれでも可笑しいと思わん?

まぁでも色々と面白い映画を見られたよ。最終的にやっぱり日本のださいとというか言い換えると実のある泥っぽい野菜みたいな映画の方が好きだね。たとえ撮り方脚本に技術があってもなんとなく日本の映画ってそういう部分があると思うんだ。職人多いし。
まぁでも海外のはよく考えて料理してある作品に思えます。それももちろん素晴らしい。ただ中国は…歴史程凄くはないな、いや駄目ってことじゃなくてね。そういう方面には発達はまだしてないよってだけ。つまり日本も世界に負けちゃ無い国なんだぜって事。ミサイル落とされて黙ってんじゃねぇよ。頭の悪い国に拒否権与えるならこっちに寄越せアメリカとロシ。あんの馬鹿二人なに考えてんのマジで。いつまでも戦争気分だからなあの辺は。って超偏見だけどでも結局大統領は黒人迫害だからねぇ。信用しようぜって話になる方が頭イカレてる。

…スティルクレイジーの話はどこへ…まぁいいやもう既に結構忘れかかってるし。…あぁ雑だなぁ。
あ、先週の奴の話してないかも。あいやした筈。
060708_0306~001.jpg


なんかしらねぇがいつも見ている女に奇妙に心揺れた。何故だろう?特に何か変わったとも思わないが…髪の毛切ったからかねぇ(謎の理由)取り敢えず無駄にドッキンコドッキンコしててびっくらした。こういう時に何故か脈拍を正確な数数えてみたりするわし。おどれーてんのか冷静なのか。…感情と脳みそのつながり自分であんまないなぁって日々思います。まぁ何しろ恋愛感情も分析してデジタル化出来るもんと思ってる人間ですから。ただ今それが出来ないとか言われてるのはそういう技術がないだけの事で。
まぁ、出来たら出来たでロマンがないけどwでも感情を分解してみたいって思うよ。悲しさはそれの一部分だから涙は出る筈がない。筈が無い筈が無い。筈はないんだよ。

060708_0306~002.jpg



火遊びの形跡ですw…でもこういう風に燃えるもんはいつか燃え尽きるのさ。だから火は燃える。
060715_1852~001.jpg


まぁよく考えるとポケモンなんかよりも大分前からこの第一形態なんてのはいろいろなところでやってるんだなぁと思うとデジモン撲滅委員会の阿呆がデジモンをポケモンのパクリと言っているのはそもそもお門違いで…まぁいいか。彼ら頭悪いし。

という訳でわしは体重を50グラムくらい落としてみた訳。なんだか見慣れないがみんな好印象です。…ん~そんなに不人気なもんか。以外に今も結構な量なんだぞ。さわやかがみんな好きなのか。わしの目指す汚い感じはだめなんかねぇ?とするとますますモテないがまぁ別にそのうちそう言う状態の方が格好良いなんていわれるようになるのでいいです。

しかしこれ前着てた服が変な風に見えるなぁ。…ちょっとバランス変えるか。

っていうか友人に頼んだのだけれどちょっと調整ミスでなんか余って長いのがあるよ。
という訳で髪の毛を切りました
060707_1824~001.jpg




彼は急いでいた。もう夜は更けタクシーも走っていない。
走るはただ自分ひとりだけ。

彼は右手に小さな箱を大事そうに抱え走った。口下手な自分がたくせるものはこれだけだ。

さぁ、走れ俺の身体、道も街も家も突き抜けて進め。あの子を泣かすことは出来ない。







…言っておくけれど特に意味はないのよ。タイトルにもね。ダササとかそんなんできめてっから。
060707_1816~002.jpg


やっみにま~ぎれっていっきっる♪
おれたちゃ

よ~か~いにんげん

なのすゎ~♪




という訳で始まりました意味のないシリーズ。
日にちを把握せずでこの日であってるのか…しかも結構時間経っちゃってやや忘れ気味。

取り敢えず冒険は高岡にいやんのジャンパーがどうしてもパチンコ屋さんなんだな。…

ダッサ~、エイちゃんだっさ~

というところ。もうなんかそれ以上はねぇ…今後どうするのかなってとこだな。っていうか黒いのがやきもち君でしかも次回に繋がってるという。黒いの君このところずっとヤンキー。ぼくはヤンキー。ではないんだこれが残念ながら。どちらかというとわしはヤンキーを嫌い。命掛けろよ。どうせどいつもコイツも安っぽいもんだ。…無論わしもさ、安い命だから張ってかなきゃいけないんだよ。政治家や社長みたいに高くて金がかかったり重かったりする命じゃないんだ。

んでも山様くらい安売りしてはいけないよね。…あぁ、油谷さん。…ん~、ある意味では彼の本当の真価が此処で問われるよね。…無論社会的には終わってるといわざるを得ない状況だけど。でもだからこそそこで真価は問われるんだ。ちなみに婦女暴行ってのはどういう状況なんだろうね。言葉の響きだけで判断しちゃいけない。もっとましかもしれんし糞かもしれんし。…糞っぽかぁ~↓fOck`n DEBU ブタと言い換えてもいいか。…でもそういうふざけも今後言えないという…

まぁさておきカブト。ん~かなり無理に展開を進めよう感が…っていうかおふざけ仮面なので常に話が進む時は無理に進んでいるように見えてしまう罠。でもまぁそれも味と。

取り敢えずなんでもいいが次回彼が帰ってくるご様子ですがどういう風になるんでしょーねぇ?丁度話も転機部分だし総ライダー集合かな。何にせよ蜂は悪のくせにヘタレだ。そして市原隼人ぼっちゃまは成長の兆し。…でもワームだろ?どんないいはなしも悪い話もああそうで済んでしまうこのワームさ加減。いい加減爺さんの正体をみしてくれ。何にせよあそこまでふざけてると何か重大な真実があってもふ~んで終わってしまいそうなw重要回なのにちょっと扱いがぞんざいなわし。まぁいいでしょたまには。
そういう訳で、赤信号を無視した車の前に飛び出して見た訳。
失敗したな、と思った訳。だって轢かれなかったんだもん。
もう少し前にでてればどっかは掠った筈だったが、やっぱり瞬間に反応すると間に合わない。距離の長い信号なんだけどな。

ルールを守らない人間が嫌いな訳。マナーを守らないのも同じく。でもわし自身大してルールもマナーも守らない訳。だって道路を横断しちゃいけないったって、そんなん知らない訳。車通ってねぇんだからいじゃん。自分で守るべきか守らなくてもいいか考えろよ。煙草は吸わない人の横で吸わなきゃいいだけだし、酒もその時鉄パイプを持ってなかったりしたら飲めばいい。…ゲロで友達の靴は汚しちまうかもしれないけど。

でも逆に車は人が通って無くても信号を無視してはいかんと思う訳。だって危ないもん。それが習慣になったら人が通ってきたところでもそうする場合あるやん。特に自分の命でなくて人の命についてなんてそんなに自分で注意しないし。みんな自分の命で手一杯だから思わずって事もある訳。だから今日も飛び出して見た訳。無論こっちはその時点で青になってるから国家権力がやってきても問題ない訳。

赤信号だから急がなきゃっつってみんな猛スピードでくる訳。

―ね。

青信号だったとしても右折でばあさん渡るまでまちゃいいのに平気で突っ込んでくる。そしてから気付く訳。

―ね。

大通りの脇の道からたいした減速もなしに平然と飛び出そうとしてくる訳。

―ね。

ミサイル飛ばした。

―ね。


どいつもこいつもね。人間の腐った部分は嫌い。だから多少身体とか持ち物とかモッテカレルだけでその腐ってる部分を削りととれるなら思わずいいかなと思ってしまう訳。サクリファイス。自己犠牲による破壊。破壊するのは身体ではなく、精神。死んでもらうんじゃない、ひたすら苦痛を味わってもらう、それだけ。な訳。今回の車は何か赤い車だったけれど、わしはどうなっていただろうね。いやいや、上手く当たる直前に自転車だけぶつけて逃げてみせるよ。やることはまだ一杯あるから。

出来なかったらどうにかなっちゃう訳だけど、いまだに自分が消える瞬間というのが恐ろしいからここらで早めに消えた方がましかもしれないし。…自殺願望はないよ、いまを生きるって映画を見たけど自殺するやつははっきりいって、―ね。と思うから。実際自殺したら楽になるかどうか知らないけれど自殺したら周りが迷惑だし電車とかやっちまったら凄いお金掛かるし、第一わしは楽をする人間が嫌いだ。苦痛を跳ね返せないなら背負って生きてろ。自分が優しいとか弱いとか言い訳にすんな。何があっても誰も絶対に生き延びろ。生き延びようとしろ。自ら―ぬな。絶対に。生きたくても生きられない奴がいるとか、食べたくても食べられない奴がいるとかは何一つ関係ない。ただ、食べて生きろ。この言葉が言葉として伝わる人間は少なくとも文化のある人間だから、どうにかしてでも生き延びろ。万引きとか泥棒とかくらいはいいから生き延びろ。ただそれは最後の手段だぞ。

そして逆に殺す奴は―んでも殺させない。そういう奴等が大っ嫌いだ。だから殺させないにはどうもでもするつもりだ。んで自分も死なない。何もかも無理やりだけどね、そういう事くらい出来なきゃわしが成らん気がするから。未だに自分の制御の仕方なんてたいして分からねぇよ。

もしかしたら右手が吹っ飛ぶかもしれない。脊髄が折れるかもしれない。ピアノが出来なくなるかもしれない。歌えなくなるかもしれない。動けなくなるかもしれない。聞けなくなるかもしれない。

でもどういう状況だって生きてりゃ、心が動けりゃ音楽は出来る。そうなったら後悔はするだろう。後悔をしないなんて言った時点で後悔をするものと決めているからもう後悔してることになる。だからわしは後悔しないつもりと言うだけでしないことはないと思う。後悔は生理現象みたいなもんだし、でも後悔にたいした意味はない。

喘息も鼻炎も右耳が聞えないのも、何のハンデですらない。ただ、ちょっとだけ制限がかかるだけで何も変わらんし言い訳にもならない。強いて言えばイヤフォンだと左右のどっちがどうとかが細かく分からないってとこかな。でも寝る時左耳を下にするとうるさくなくなるからそういうのは便利だったりもする。

わしが喘息を患ってるのはわしに忍耐の能力をつける為。鼻炎なのは蔑まれる人間の苦痛を知る為。右耳が聞えないのは未知の音を求める為。
社会不適合なのはご愛嬌。苦労は常に絶えないが。誰でもそうか。

まぁ、そうだなしいて問題があると言えば、未だに人を愛するってのが何なのか良くわからんことくらいか。どこでも何度でも言ったような気がするけれどわしはヒトが嫌いだから、愛するってのが良く分かりません。死ぬまでにそれに触れられりゃいいけどね。誰かに向けた愛が果たしてそう呼べるもんなのか、愛ってなもんに触れたことはないから知らん。誰かから誰かにってんなら散々みたし、語れるんだけど。愛されるってなんだ?あの馬鹿みたいな愛玩動物になる事を指すのかい?ヘラヘラ笑って、愛想だけで何が楽しいんだい?どうせどいつかはわしの敵だろ?青姦でもしてろ。…やっぱり好かれる人間にはなれねぇなぁ。嘘を好かれたくないから。

アイアイアイアイアイうるせぇな自分。おさーるさーんかーよ~。
言い訳色々な訳。

特に目的のある文章ではない。偶に特にまとめることのない文章を書きたくなるの。もっと歌やギターやピアノが上手くなればそれらで簡単に表現出来るんだけど、やっぱり文章から生まれたわしは文章がいちばん楽な逃げ場なんだ。…これに音楽を混ぜたらどんだけ素敵な武器に見えることか。願わくばそれが諍いやら争いやらをぶっ壊す武器であってほしいところ。でも武器である以上争いをしなきゃいけないんだよ。…自分の詩よりちょっと婉曲して引用。
細く狭く脆い平均台 心揺らしバランスとり進む

一人分の幅の道は夢や未来に続いている
様々な誘惑と障害が待ち受けるけど

A head wind to blow 目も開けず立つ事もままならないまま
それでも僕は進むよ 追い風ばかり吹かないのだから

望む事が叶うとは限らず 心囚われる事もあるけど

光を浴びすぎた皮膚は歓喜の温度が分からない
痛みを知る心は強く思いを滾らせる

A great pain to befall 太陽だけじゃ夜を歩くことは出来ない
恐れてちゃいけないんだ ナイフが隠されていたとしても

向かい風を飛ぶからこそ燕は疾く飛べるんだ
嵐を知る心は強い風にも羽撃ける

A great pain to befall 風見鶏が僕のことを指差している
それでも僕は進むよ立ち止まってしまいたくない

A head wind to blow 目も開けず立つ事もままならないまま
それでも僕は進むよ 追い風ばかり吹かないのだから
⇒ 続きを読む
人間は追い詰められて花が咲くもんさ

でも幾らなんでもガッシュは強くなりまくりだと思うんだけど早くその辺の解決が見たいです。ああいった単純なストーリーの話をなんとなくカイジを読む合間に読むと癒される、後三国志とか。あーそろえてぇ。っていうか手塚、石ノ森、横山(あってたっけか)のお三方の作品は全シリーズ揃えたいと思う今日この頃。

しかし自分にびっくりである。つい昨日まで基礎も危うかった作詞のお仕事が今日今さっきぱぱっとあがった。びっくりする速度である。実にその時間

一時間

プロの穴埋め脚本やってる人みたい(勝手な命名だが、つまり急場を乗り切るために高速で脚本を書き上げる仕事をしている人々。逆にレギュラー物が面白くないのもこの方々)。二週間掛かってたちうちできんものをよく一時間で…追い詰められりゃなんとかなるもんだ。

さてこの調子で授業で必要な作曲も手早くぱっとできないもんか。…でも別に出来てもそれ程嬉しくないだろうからやっぱり出来ないようなきはします。っていうか最近目にした学校のバンド人は些か音も態度もむかつくのですが我慢してでもバンドを求むるべきだろうか?取り敢えず募集とかするつもりではあるんだけど。授業でやらしてもらった人は絶対にしっくり来ないだろうが。いや、もしかしたら自分の事で手一杯なだけなのかもしれない。…と思ったら一人は技術的には上手いといわれている人だったり…なんだかとてもあぁ~あです。彼らわしと組んだら絶対詩の意味分からんでプレイするやろ。そんで聞きもしないんやろな。勝手な思い込み。あれが一部だと信じたい。

という訳で一仕事終わったー!さて、次はいい加減コーラスの曲をみんなで仕上げねば。でも忙しい時期と被ってんだろーな。もう漫画アニメ映画音楽等等研究同好会にしませんかw取り敢えずメダロット全巻無理やり見せるw感想文は三千字以上でw
君は南の海の女 悲しい目して何を見てるのさ
僕は恋の多い男で 君の笑顔を見たいと思っているだけ

君が望むならば一瞬の恋も満たすよ
それだけでいいなら 求めるものがそれなら

夏夜は夢 君は愛 僕は刹那の恋
一つだけだ、それだけ分かっているのだろう


誰も雲の行方を知らぬ それと同じさ明日は誰にも分からず

決められたことなど ただ一つもないのだから
変えられぬものなど 一つとしてないだろう

悲しい目の理由なら 言わなくていいんだ
ほんの少しその目を緩ませてくれればいい


夏夜は夢 君は愛 僕は刹那の恋
抱きしめたら 良かったやっと笑ってくれたな
⇒ 続きを読む


角張った空を見た 立ち並ぶビルの隙間
僕の居るこの場所は まるで巨大なジオラマだ

偽りの中過ごす日々を紡ぐと 全てが遠い世界に思えた

例え今この国が壊れ 朽ち果てたっていいよ
新しい苦痛、それも受け入れよう
そして僕は一人で生きる だいじなものはひとつ
真摯だという孤独だけ抱え生きるよ


真実は嘘より穢れているんだ 正しいモノはもう何もないな

例え今この国が壊れ朽ち果てたっていいよ
同時に僕も―――――― それも悪くない
そして僕は一人で生きる だいじなものはないよ
コンクリートで固めてる世界 All is a lie.



⇒ 続きを読む
ミサイルが落ちたんだって、悲しいね悲しいね
庭の魚鱈腹やられちまった

ミサイルが飛んだんだって、切ないね切ないね
途中で全部ぶっ壊れちまった

あぁ、何が何やら何をしたいのやら
でも27万人も殺されなくて良かったね良かったね

ミサイルを飛ばすんだって、虚しいね虚しいね
やっぱりその釦は赤いのかな?

彼奴等は戦いたいんだって。馬鹿馬鹿しく、はかばかしくない
ほらそれに大儀なんてないよ

数センチずれたら家に突っ込んでたんだって
でも27万人も殺されなくて良かったね良かったね

平和の為にどうにかミサイルを放てないもんかな
だけどそのこと自体もう平和でも何でもない
⇒ 続きを読む
更新遅れ気味です。その上小説も書けてねぇ↓お金もためられてない。一つの事に集中しすぎるくせに一つの事の集中が途切れると他にいかずにだらけてしまう。…あぁその辺が独り身の辛いところ。彼女とかそう言う事でなく、単純に一人。近所の野郎も忙しいしね。遅くまで色々考えてるくせに曲は全然出来ない。聞いてこういうのを創りたいと思っても出来ない。なんかもうぽいものが出来たら完遂さすべきだろうか?どうしても途中でこれなんかやだなぁと思って音を変えて変えて変えてとやっているうちに始めの部分からずれそこから先の音の作り方を知らなかったり。…でも半端モンが手の中にあふれると捨てたくなっちゃうんだよなぁ。こんなもん自分でも聞きたくないし、人にも聞かせたくない。まぁまだ出来上がってないものだからいいのかな?と言う発想は中絶と同じなんだろうか?いつか生んでやるからまってろ。

という訳で色々あるなか先ずはutさんへのお返事とついでに日曜の話。掲載が遅れてたりするのは上記の理由ですよ。すんません。

ボウケンの話。意外(でもないかも)なとこでアシュと高岡の話は引き伸ばし。まぁ今回で全部ってのもあまりに雑だしそれもそうか。とりあえず高岡ロボはCMを見る限りちょっとダサかった気がするのが何よりも気になるwはっきり見たいところだ。

今回は意外に以前のように解析不能の存在を急に修復しちゃうような事はなく、逆にうまーく心理描写に使ったのは好み。あぁ、そりゃぁ高岡のあれは直らんよなぁ。細かい芸は達者だよ本当に。一人でアシュ二人を退治出来たのはまぁ油断してたからと解決しとこう。取り合えずアシュは顔変わっても格好良い。ので暫く生き残ってもらいたいですw


仮面。電車内のミラーモンスター……どれだったかなぁ?しまった記憶が薄い。でもあの辺りは本当におもろい。売れ行きも…そうかぁ…まぁカードとか分かりやすいし。逆に剣はどれが何か分かり難かったから上にも下にも受けなかったんだろうか?響鬼は使いこみやらの件もあるけれど、あのバイクとか見たらそりゃ足りんやろと。大して使わないのにあのバイク…まぁ諸々は大人の事情ということでw

しかし今回はガタックやりたい放題の回と(´ー`)ど頭からあれかよ、と。鏡は確かに無茶苦茶パワーな奴だけどあれはどうだろう。前触れなく無理やりワームと絡ませた感が…それでも戦闘シーンは格好良いんだけど。

前回の回答ですが鏡は軍事訓練を受けてるだろうからある程度特殊な構えをするとは思うのですが普段からあんなに得物を動かし難い構えは取らないような気がします。フィードバックはフィードバックで別の部分にしてもよかったんじゃないかなぁと。まぁワンカットだけなんで別にいいけれど。ポーズで一番拘ってたのはなんとなく555の気がしますというか巧のあの手を振るポーズは今でも覚えておる。


デジ。今回とりあえず総監督と総作画の人が画をやっていたからかたいした話ではないのに妙に戦闘描写に力が入ってた。ワンカメワンカットで一つの方向からの画だけで戦闘するのは映画では結構ある使い方だけれどこういうところで見るとはなぁ。ただ、そこで活躍しているデジモンが現時点では



というのがおもろいところ。よく考えたら細身で格好良いうタイプのデジモンは味方にいなかったなぁと。紳のブイドラモン…ではなくマッハガオモンも細くはないし。他2名も早い印象はない。まぁいいか。

とりあえず脚本や作画的に今回のデジモンはオチの付け方に難ありってとこでしょうか。でもいくらなんでもこれで大門父がメルクリモンだったなんてありがちな話はよもやあるまい。…なんとなく獣の顔の奥に人の顔が見えるとそう思ってしまう習性。

んでイクトはどうなのか。研究員の子供っぽいけど。どうも迷い込んだっぽくないんだよなぁ。というか始めあの声をアルフォンスかウォレスかどっちだと判別つかなかった。くぎみんか。なるほどぴったしではある。

っていうかゴツモンはどう考えてもインセキモンクラスの強さ(-”-;)自然現象を利用するとデジモンの本来の強さに力が加わるってのはフロンティアでもやってたけど幾らなんでもあのデカさ…浮遊してるってことは空中に留まるだけの力があるわけで、落とすだけにしてもどっちにしろ持ち上げるのと同じ力が必要の筈。っていうか彼がインセキモンでもないと成長期の癖に成熟期に乗りあの地帯では完全体に引けをとらないという恐ろしいデジモンに…その辺あんまり考えてないとみた(何故か得意げに)


過去作品はやっぱり評価高いっす。それ一辺倒でもないけど。

無印はなんだかかなり冒険物の王道で、しかし形としては結構それまで普通にあるものを踏襲してはいてわくわく感はやはり初期らしい高さがありますよね(画変だけどw)

02は全体に腐女子向けのサプライズが多かった気が。ストーリー以上に前作好きな人とかそう言う人の為のサービスを入れすぎてあまり良いと評価されなかったんじゃないかと。これは完全にシリーズ構成の方の所為で、シリーズ構成の方の方が普通のシナリオ書いている人よりもシナリオの書き方下手だったりしたなぁ…予想通りとマンネリがダブった、むしろポケモンとかで使われてそうなストーリーだった印象。

テイマーズ。序盤に転調を集中したのは確かにそうかもですね。放出して回収するという形では限定地域を基盤にしているものの冒険物や仮面ライダーに近い連ドラ形式。人が言うほど後半の落ち着き具合は嫌いではない。寧ろ最後までの集約を意識したものを考えるとかなり良い雰囲気がでてたじゃないかなぁなんて。全裸合体は啓人がぽろんとしている事と留(ry
一番進化綺麗なんじゃないなんて個人的には思うのです。全進化が通して好きなんだわ。特にレナシリーズは。

フロンティア。子供の考えそうな…ってのが今になっても思う事。映画もなぁ…シリーズ新しくなるほど映画が良くなくなって…まぁいいか。
あれは燃えなかった。バトルもクオリティ高くはないというか寧ろそこを目指して失敗した感があるだけ微妙↓良いところはどこだ?

というところですかね。


んで声優さんネタ。今なって考えてみると確かに流水ホークモン凄いな。男前声過ぎたか…まぁいいか。個人的には一美、祐梨、漂磁のコンビはそれぞれ結構はまってんじゃないかと思って気に入っているのです。特に一美コンビは外れなしの筈!


と言う感じでしょうか?時間がないのでやっつけにw
やべぇ飽きた

2ちゃんのうちの学校の板への書き込みに飽きた。悪口反応は構わないがあまりにどいつもコイツも文章を読めない、理解できないなので。非常に飽きちゃった。お腹が減ってるからかもしれないけどw

どうでしょうねぇ。否定と言えば馬鹿、糞、意味不明。しか言えないのはわしが小学生の時と変わってないんだけど。こんなにも小学生と同じレベルの人々にびっくりする。先ず自分の気に入らないものを否定だけから入るということも同じく。そしてそれに気付かない、素晴らしい。馬鹿が多ければ多いほどまぁライバルは減るからいいか。あれ同じ事やってる人は決して偉くならないだろうって分かってるからいいや。

やっぱり最後にはわしは良い言葉を持った人は良い音楽を持っているという部分にたどり着く。まぁ音楽ってのはそれが中心で生活してる(今文章方面でかなり忙しいのでそうともいえるかどうだかw)故の表現だけど、つまりは良い言葉がある人は良い芸術を創れるんだなって。良い絵を描くなら良い文(整ったという意味ではない)を書くだろうし、良い音だすだろーし。もしかしたらよい声を持ってるかもしれない。

逆に良い音楽創るなら当然よい言葉を持っている訳で、こないだベンジーの対談記事を雑誌で見たんだけど(っていうか表紙の写真が見ざるを得ない圧力)やっぱりそうだよなぁと。音大行ってよーがジャズ20年やってよーが2ちゃんでくだらない文章を書いている人は生涯掛かっても腐ったままと安心出来るよ。まぁ比較すらしたくないけれど。

わしもね、かなり攻撃的な言葉を持っている。だから普段はそいつを抑えるので結構精一杯だったりする。偶にネット上でわしの悪意あるわしにとっての正義を持ったアグレッションがかなり強い文章を目にする方がいるかもしれないけれどわしは現段階ではそれでいいと思っている。無理に捻じ曲げて優しく優しくなんてならないと思う。若いうちのパワーは何物にも勝るってこないだどなたかがおっしゃっていたけれど正しくわしはそれを抑えたくはない。間違ってるもんを間違ってるっていえなきゃ悲しい。

そのために死んでもわしはいい。いつ死ぬか分からない恐怖は今まだ拭えたためしがないからそれなら気付かないうちに死んでたってのもいいかも知れないなんて思う。だからせめて死ぬ前に人一人くらい救う地盤は作りたいと思ってる。そのために今はまだ貫く、棘で、槍でいたい。もしくは盾か。丼を一撃で打ち落とすくらいのね。

でも、やっぱり人を打ちのめすような言葉はつかっていってはいけないもんで、もっと優しくなりたいとは思うよ。今わしは人にとっても優しくない人間だから、優しい人間に酷くあこがれる。という訳でベンジーの対談記事を見てなんだか変な話救われるような気分なった。普通に音楽雑誌の対談記事なんだけどさ。

力と慈愛。言葉だけでこれを人に感じて貰える様になったらわしはもっと優しくなれるだろうか。というかそうに至った場合既にそうなっているだろうか。馬鹿に、間違いを指摘できる子供ではありたい。だけどわしは大人になりたい。というより須らく大体の人の望みは大人になることじゃないかと思う。成長するということは今よりも大人になることなのだから。

それにしてもやっぱり良い事を言ってくれる人だ。なんで甲本ヒロトはリンダリンダリンダをやらないんだろう。
という訳で学校でアマデウス見ました。

しかしそれにしてもモーツァルトが小林よしのりに見えてしかたない。笑うと高い声の高さがまさしくよしりんの気持ちの悪い声の高さに似ている。

浪速のモーツァルト(違)があれだけお馬鹿さんだったのは知ってたけど目にしてみると本当にお馬鹿さんですねぇ。でもお馬鹿さんが良い音楽創るなんてのはよくあることだし。お馬鹿さんっても一般的に見てってだけだし。それ言うたらわしもお馬鹿さんだからそう思ってないとやってられねぇです。

ちょっと正直サリエリの気持ちは分かる。根元から細部までモーツァルトの音楽を理解していたのはあの物語上ではサリエリだけ。他のどいつもあんまり理解してないなぁ、な表現で描かれていた。んでその一番理解しているサリエリが一番モーツァルトを憎んでいる。まぁ最終的にその憎みは愛憎と同じものなんだけどね。最後の最後までサリエリおじさんは神の存在とモーツァルトがその代理人である事を認識し、その言葉や音を全て愛していた。個人的にはびっくりするくらい悲しい話です。行かれちゃった先はもうあんまり触れたくないです。痛いので。

しかし相変わらずこういう作品は撮り方が上手い。それに学校機材の良い音でモーツァルトなので終始ドッキンバックンなのですよ。どっきんちょどっきんちゃん。後サリエリの演技が凄いねぇ。はまりだねぇ。後サリエリの話を聞いていた神父の間抜け面もはまり。ある意味そっちもすげぇなと思ってみてたよ。

うん、今回思ったのは音楽やるにしても何にしても

お金は必要よね(‘v‘)、何故か某ツンデレキャライメージ。

って事です。お金がないと生きていけないので、現代ではお金は大切です。この国に生まれた以上お金がないと生きてゆけないです。自給自足で生きるにしてもその道具を揃えるのに金は必要だ。拾ったにしてもその拾った道具にだって金は掛かっておるのさ。ギターだけ抱えて生きたかったらギターを買うまで金を溜めなきゃ。そんでよい物は盗んではならない。貰う分にはいいけどさ、金払わないと職人の仕事が完遂しないじゃん。と思う。

しかし気になったのはモーツァルトの妻の人の童顔さと乳のでかさと乳輪のでかさ。…

バランス悪くて気持ち悪っ!

おっぱいと戦艦の良さはでかさでは測れないってことだ。小さくてもいいんだって。でもなかなか女の子はそうも分かってくれないんだよなぁ(巨乳好きも)そのうち子供に飲ますようになったらいやでも多少以上は大きくなるんだから。後胸を強調されるのも個人的には嫌い。大丈夫、勝手に見てるから。

という訳でどちらかといえば尻と足フェチのまいむでした。髪の毛と声は前提条件ですw
060705_2033~001.jpg



かなへんに口。釦。機械のくちってよりでこって感じがするんだけど釦って。

近頃はデジモンとそれに則するutさんの返事くらいしか書いていないような気のするまいむです。同時進行で作詞と作曲と作曲の作詞と小説とやってます。練習は言うまでもなし。無論自分で自分の首を絞めているのです。…論理パズルなんて面白い本を学校で借りるんじゃなかったよ。難しいが止められないというf(^^;)考える事自体が好きな人間まいむ@ムーン。

んで非常停止釦ではなく発射釦を押した大馬鹿野郎があの国にはいる。

しかして、てぽ丼、と2ちゃんノリでした、テポドン。こういうことがあるから日本来た時に捕縛しちゃえばよかったんじゃねとか思ってしまうのね。今までたいしたことをしてない日本も異常。この異常さを分かりやすく言うと「国会で銃を振り回す野郎に警察がまぁまぁと言うだけという異常さ」収めてくれたらいいなとはしてるけど警察はそれを止める気なし。銃はまさに今撃たれようとしていた時でさえ。んで今撃たれたので早くどうにかしてください。というか別に向こうの頭のやっちまえばいいんじゃないか?だってわしとわしの大切な人間が死ぬよりよっぽどいい。死ぬよりは殺すほうが良い。死なされるよりは殺しちまうほうが良い。

今回は日本を狙ったというよりもアメリカの方なんだと思う。独立記念日だったし。軌道的にもおそらくはそーだろーと。んでなんかミスしたから日本海に落ちたんだってね。

少し何かが違うだけで

庭でなくうちに落ちたかもね


あまり細かいところについては分からない。でも本当に舐めてるとかイカレてるとかじゃなくて、早く消して欲しい。この国に刃を向けたんだろーがアメリカにそうしたんだろーがこの国の近くからミサイルが発射されたことに違いはない。そしてわしと大切な人々とこの国そのものに危険が及ぶってんなら迷わず殺せとわしは言える。守る為にはいくらだって傷つくし闘えるさ。その人を大切な人と言える事を守るんだったらやってやるさ。どういう状態になってたって多分死んでなきゃ音楽はやれる。

ったく、嫌な気分にさせんなや。


ってか、キャンドモンの声優が消えておる(-”-;)追加しとこ。
なんかこのところ忙しいのにこんなに長文書いてなにやってんでしょう。あぁ早く詩書かなきゃ。
という訳でアテレコ後半戦。
⇒ 続きを読む
アレテコと同時にお返事と思ったらお返事が長すぎてアテレコまでなかなか辿りつかぬので分離します。すんません。屁理屈一杯こねました。屁もこきました。

戦隊系。アシュ…顔とキャラが何気に好き。でも次回で駒扱いかよぅ。

仮面系。したのあのクリムゾンスマッシュは恐らく電車内バトルという前代未聞の戦闘を終えた後の事なんでしょうとw電車内で撮影なんて恐ろしい撮影方法は出来るのか。時間と費用と他諸々があり出来るのか。でも一度実現してみて欲しいなぁと思う訳。意外に電車バトルは格好良いんだ。

んで、ガタック。見事に今までのなんだかどろどろしたのを払拭。ただ、変身前からガタックのポーズを鏡にやらせたのは何か良く判らないけど。もう少しフォローがあればそれが映えたのになぁと。まぁ格好良いからいいけどね。ややこしいから早くワームは退治してくれるとありがたいです。じいやがサソードになれ。きっとあの人剣術もすげぇんだw

わしもかなり竜騎ファイズは黄金期ではないかと。竜騎のあからさまな多数ライダーとライダーバトルってのは見え透いた分分かりやすく変に裏目裏目に言った感じよりは全然良いと思うし(ただそれなら全ライダーをシリーズ内で出してほしかった気はする勿体ないよなぁ色々、まぁ映画のみだから良い奴もあったけど、リュウガはノーマルに出てくるとにっちもさっちもストーリーを組めないでしょーと)
ファイズも意外に義があって好き。イヌイっとは確かに普通君ですな。オルフェノクだってことを含めても。でも半田健人でバラエティに出てきたとき名前を呼ばれて一瞬びくっとなるのはわしの名前が…まぁいいやw字も違うし。

でもやっぱり荒川捻久脚本は構成が別格だと思う訳。あの人なんであんなに特撮は上手いんだろ。他はどうかなってのもあるけど。

ほいでデジモンと。

デーヴァは個人的には結構位置は好きなんですよ(ミヒラとかの出方もかなり好印象だったし)。でも如何せん中間管理職の悲しさか凄く雑魚扱いだった奴らも。あの役目をここにいれてあれを別のデジモンに…とかすればもしかしたらホボ完璧な状態でデーヴァを使えたのかもしれませんが、ただ、一部に雑魚が混じってるってのは個人的には構わないのではとは思います。まぁキャラを取るか流れを取るかって感じですね。

赤枠はオリジナルなら出てきて欲しいと思う今日この頃ですね。赤枠オリジナルはなんとなく青枠と近い奴もいるし(アルファモンの身体の太さは青枠だと思う分け)元が青枠のはデジモン→モンスターになった部分もあるのでねぇかと。あのオメガモンはガンダm…とかね。いや、格好良いんだけど流石にガンダm…かぁと。

デジモン生死観は個人的には色々決着つけている部分があって、奇妙な部分は製作者の配慮不足なんだろうとwレオモンの話はよく覚えてないんですけど、一応始めは生まれ変わりは別の存在だったような気がします。エンジェモン死後の再生ポヨモンは記憶と体験が全削除されたデジモン(まぁ初期化みたいなもんか)で、その後の初の進化は少し大きめに書いていたんですけど如何せん脚本陣の連携が悪くかなり以前のパタモン感覚で書かれた部分が多くて結局その辺が微妙になってるんですよ。

この脚本家の連携不足が意外に重たく、始まりの町で生まれてたデジモンは確か全く以前の記憶なんか無かったはずなのに(以前の記憶があったらあんな子供らしく遊ばないやろ)レオモンでそんな意味の分からない事を口走ったんじゃないでしょうか。(無印は今記憶薄し↓)

デジモン当初は一分で1日だっけか?太一が一時帰還の時の時間が30分だとしてそれで数ヶ月って事は2,3日いても何100年とかは経っていない計算の筈。ってのはでもあんまり関係ないので考察の補足程度に。そもそもアグ達が生まれて暫くしてデジタルワールドの時間の流れが変化したならアグも実は何千歳とかにw

ただそれに関しても説明が非常に難しく面倒なんですが、なんとなくこうなんじゃないかという理論はあります。わしの中でですが。デジタルワールド自体が高速で進行するということはデジモン事態も高速を体感するということで物体の速度が光に近づくと自分の体内の速度がゆっくりになり周りに遅れてゆくという相対性理論やらに関係してその分寿命が延びた。故にデジタルワールドの時間が元に戻ったら寿命の進行も元に戻り結果的にデジタルワールドに棲む者と現実世界に住むものの体内の時間の進みは変わらなかった、とかなんとか。方向性が飲み込み難いので自分でも説明してて混乱してしまう。

んでデジモンが粒子化というか自ら分解されるのは恐らく生まれながらにそういうプログラムがあるか、もしくはその瞬間にカーネルがデジモンを分解しているか。本来互いに捕食し合わないデジモンの数のバランスを保つのにはその方法しかないのかなと(元々は単純な製作者のエフェクトだったのかなぁとは思いつつ)

デジモンがデジモンを殺してもそれを分解するものがない(そういったデジモンもいないし大体死骸を分解してそのデジモンにメリットがあるかわからない)そしてデジタルワールドのデータ総量がパソコンの容量の如く決まっているものとするなら(まぁ魂は一定量しか現実に存在しえないみたいなあれとも言い換えられるか)分解せにゃ次ぎのデジモンが生まれないし、世界が進化しなくなる。故にカーネルとしては困るとかそういったことなんじゃないでしょうか?

一度デジモンが死んで粒子化しない話とかあったらどうだろうなんて考えた事があるのでそのときに思った事です。この話には色々と穴があるのでそれ故に粒子化しないデジモンもいるのではないかとも思っておるのです。…ただそれを話にしたら処理が結構面倒な…。

なんつー、風に突っ込んでグダグダになってしまいそうなところを敢えて屁理屈で切り伏せるのがわしの楽しみの一つですwというかよくこういう話を友達とするのです。カード通りの強さだったらアイツはあれに勝てないじゃないかーとかwいやそれはそのときの感情のオーバーライトが…色々なところを引っ張りだして屁理屈の応酬です。

あ、でもピヨモンがゾンビってのは考えなかった。成る程そういう捉え方もできるのかぁ。


ライズグレイモンはしかしゼロ距離射撃でもやや筒の分遠いのか…ふっ、オメガモンにはかなわねぇなぁ(02春映画の名シーン思い浮かべ。あれでノーダメージって設定勝ちな気もするけど)個人的には、空中旋回バトル→組合い→ガルダ沖の方へ連れてく→シャドーウィング弾いてゼロ距離射撃、大問題少し悲しそうな顔カットイン→決着
をutさんの零距離射撃発言から想像。細かいw核威力があるならタンクの近くではやらないほうがいいんじゃないかみたいな。大問題がそれを指示して兄貴な優しさを見せるみたいな。バトルシーンを演出してみたいです。

しかしメルクリは予想外の良い位置ですな。さすがは神様。が、如何せん話の処理が早すぎてどういう風な話になってゆくのか、ってのが全く読めない↓ジェットコースターならジェットコースターで安全バーを下げてから進行してもらいたかった気はするのです。ドキドキわくわくというかハラハラビクビクしてしまいます。もしかしたら宙返りなんかして全員がバーにぶら下がってるなんて光景が見られるかも。一人そこで落ちるけど返ったジェットコースターにまたのってアメコミ風みたいな。

2クールでメルクリまで解決したら3、4は如何するのか。ということよりも、まさか2クールでおわりゃせんよなぁと心配です。この速さが少し心配です。
いやぁ、せわしなし。自分せわしなし。文章がへんてこなのはわざとです。取り敢えず不摂生しようと努力してますwだからどーした。

まぁ、今日はまたゴルフでボウケンがなかったくさいのでデジとカブトのみでいきます。utさんへのお返事は後ほどアフレコの続きを書いた時に載せますのでしばしお待ちを。

。しかし天道のスーパーぶりはなんでしょう。見て会話したかせんかぐらいの瞬間にガタックを鏡だと認識。中身がカイザだと気付かないオルフェノクがいたりもしたが実に素晴らしい状況判断能力をお持ちで。ってかまた奴はあのゼクターの存在を知ってるんかい。少しは驚かんかい。でも蠍には気付かなかったりじいやは天の道を行く男だったり。そりゃぁ、二日連荘のビールもいい加減本当に不味いですよ(なら飲むなよ、朝日乾きビール)

ある意味今回 真面目なのか笑いだったのかって感じ。鏡馬鹿みたいに熱いな。っていうか「1%に賭ける」って今馬鹿でも言わないぞwまぁそんな熱さが主人公兜と違った力を持っとる分けだ。んでまたいい加減兜を倒せとか言わないよなゴローチャン。もう飽きたよそれは。蜂は変わらず雑魚退治に降格しまくってるし。なんか本当に悲惨なんですけど。雑魚らは変わらず活躍の場なしだし。子供に「演技」をさせたら酷い事この上ないし。まぁ設定的にそうならざるを得ないんだけさ。

っていうかあれ鏡死んだのか?蠍と同じくワーム化か?…と思ったところで気付いたのは良く考えたら死んで変化するのはオルフェノクでした。でもあれどういうことなの?どう考えてもあれ死んでるよねぇ?ガタックの資格がどうたらなったら彼は死んじゃうんじゃないか?ってか蜂は雑魚の癖に人に勝手に紋章刻んだり一人自由気ままにあれこれ人を乗り換えてるけどそういえば鏡に出た紋章はどうなったのか。説明あったっけあれ。


デジモン。メルカノモン登場。もうメリクリでもなんでもいいです。カタカナ四文字でメとル辺りが入ってたら大体そう見えてしまう今日この頃。でもちゃんとアニメでは神様らしー存在に。おぉ、言ってる事に筋は通ってるな。ってことは撃退じゃなくて和解で解決する方向になるのかな?そして真打登場でやられるとか…もうやられる算段かお前みたいな。

わし思うにメルクリモンが大問題を殺さずに吹き飛ばすのは逆に難しい気がするんだけど。神くらすは究極体も下々の存在なら一撃なイメージがあるので。(故に連続して発表したり多様されたりすると強さや設定が格下げになるからいやなんだけどね)圧倒的だったけど何故甲いう時に限ってアバンタイトルが3分までなのか。インパクトのつけかた間違ってまっせ。

本当に何か脚本に色々なものが見えすぎてはっきりしないんだよね。表現がデジモンらしくないというか固まりがない。思考に。山口さん本当にそれどーだろって話が最近多いぞ?まぁ設定ゆえなのかもしれんしあれだけど細かいところに神経がいってない。進み具合ばっかり気にしてる感じ。

んでもするもんはするもんで進化はしたわけだ。ピヨピヨも容赦なくアクィラモンを経てガルダモンへ。この短い期間で輪廻転生し過ぎ。生まれて死んで生まれて死んでドリフのコントか。その辺もヤッパリデジモンの魂にありがたみないよねぇ。アグモンがやられてもどうせまた生まれるんだしと思うしそうでなかったらヤッパリそこだけ特別扱いかよみたいな感じにあるし。

携帯ゲームが卵からやり直せるのはそうしないと一回こっきりになっちまうからってこともあるけど個人的にはデジモンの死骸が高速で分解され全く別のデータが、もしかしたら今まで育てていたデジモンのデータを含む全く別ものがそこに現れただけだって思ってる。まぁわしの通常の人間やらの輪廻転生と全く同じ考えなんだけどさ。だって同じ奴の卵って気味悪いだろ。2回目のそいつ3回目のそいつ。記憶はなくなってデータや性質は同じ。命の実感ないやん。だから卵で即やり直せるって設定は好きじゃない。フロンティアもそこがなって感じ。だって悪いとこ削ったらもっかい一からやり直せるってそんな都合の良いものじゃないじゃん。

これまたそれに「デジモンが暴れてる」→「どうもならんから殺せ」だぞ。あまりに雑やろ。本当に野生の動物みたいに本能のみで生きる存在ならそれもやむなしととれるけど意志あってそれで人間に感応してああなっちまったんなら戻すのも人間の手でやれやと思うんだよね。えぐいって言われてるテイマーズだってデジモンを殺すことの葛藤みたいなのあったのに、これ大問題は平然と「やったぜ」っつってデジモンを殺しとる。何かおかしかないか?今回の生き死に繰り返しは非常に話を進めるのには便利やろーけどどうだろ。大体終わりも雑やで。シャドウウィング弾かれて一撃ーって。他削ってよいシーン一杯あったやん。それなんとでもフォローなるやんっての一杯あったやん。もうせめて角澤さんくらいには監督をやらしちくれ。雑い。トレースのひっさつわざシーンより雑い。いくらなんでも始めての障害を一撃はないだろ。完全体の感動はゼロパーですよ。そりゃメルクリモンは神なのにその塚一派デーヴァと同じ扱いですよ。ただデーヴァは人数が多くてやや数名雑になっちまったけどでも意外に位置的には好き。中間管理職として適役かと。

そんなわけでもう今回は大問題のデジソウルは次ぎどこに溜めるんじゃいということでw手→全身!デジソウルの輝き自体を大きくする発想はなかったのかそんなスーパーサイヤ人と同じポーズでいいのか。もう完全にメダロットのひよこ売りのおじさんじゃないか社長は。あと物語りの流れを浴するためにチカはピヨモンの存在に気付きすぎ。そして死をあっさり受け入れ。子供にそんなこと言わすなよ。そしてお姉さん演技が子供用の演技じゃなくなってます。明らかに18~23(童顔目でみため14,5の種類)の演技に。そんな芯の通った声を出されたら気持ち悪いですよ。もっと揺らせぃ。またヨシノ戦力ならずだし(誘導はできたけどそれだけ。アシスト役過ぎる)

っていう風になんだか満足3分不満7分くらい。メルクリはちょっとなんか今後が楽しみな感じだけど。ん~、もう少し丁度良いお年どころを見つけて欲しいものです。気になるのはライズグレイモンはキャノンの位置を腕でなく肩にしたほうが腕が使えて戦力はあがるんじゃないか?砲身で殴りつける必要もないんだし。とか思った。
このところのデジモンは少し細身でスピード意識の造りに偏り過ぎ。見た目のなんか本当に分かりやすい格好よさだけだからもっと色々パターンがある筈なのにそこを損ねてるような気がしないでもない。人型の方が動かしやすいとか書きやすいみたいな妥協点が伺えるんですけど。ライズはあれだけみるとメタルグレイモンとの違いが良く判らない。結局新しい進化でも動きが同じならどうして新しい進化にしたのかっていうありがちな疑問が心に渦巻いてます。シャイングレイモンは未だ画像をみてないのだがどんな種なのかちょっと早く見たいです。

そんな感じ。今回は進化した回だしなって評価を曖昧にしそうなブログが多そうな気がするという勝手な思い込みをしてるので厳しくしてみました。これでみんな批判文ばっかりだったらどうしようw

陳謝。この日のうちに書いた文章は今みて気持ち悪いぐらい表現に間違いが見られるのでケスマスタ。誰の事言ってんだか分からない文章に…あぁもうだから嫌なんだよなぁ~。
ってわけでごめんちゃい。自分でやっといて自分の文章の誤りとか凄い気になる。確実に職業病である。正しい事を間違ってる事を色々知りたいなぁ。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ちよこれいとはーと all rights reserved.
プロフィール

まいむ@ムーン

Author:まいむ@ムーン
現在21歳雄。偏屈で批判家のジョーカー。
性格、マメで粗雑。短気で気長。本人すら把握できず。身長、服屋のついたて鏡に入らない程度。体重、焼肉で米を大盛り2杯と普通一杯程度。
実写よりアニメ、特撮を見る。バラエティは情報系の方が好き。朝Φ新聞が嫌い。エノラゲイが嫌い。
音楽家、作詩家、小説家。いずれも毒々しい部分を持つ。最近の口癖は「ってな訳」「いやいや」「成る程」「1ミリもないわ」「鬱陶しい」
格好良くて優しい人を期待する方にはオススメできない商品。
宣伝鬱陶しい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。