社会不適合なまいむちゃんのそれっぽいブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しかし分からない。昔から知らない。良い匂いだとか臭いだとかそういうのが分からない。いや、鼻がある程度は前より治って今、…というか今治ったと書こうとしたら奈央ったと出たのだが、…まぁ追求は、興味がないのでしません。検索って性格とか趣味とか色々でるよね。
萌え.jpに行く時によく燃えと出てくるのが若干めんどいと感じるわたくしめは、その逆に燃えると書こうとした人間を毎回萌えと表示させていらっとさせている気もする。どうでも良い話。

で、戻ります。なんか仕事中、臭いらしいんだが、全く分からん。意識して匂いを嗅いだり、強いにおいだったりしないとほとんど分からん。理由は知らん。そこまで鼻がどうという風になってるわけでもないが、分からん。昔から匂いに対する概念が何か人と違うのかもしれない。大体匂いを感じられた時に、香水の主張よりも汗の匂いの存在感の方が好きだ。剣道やってたし、鼻が大丈夫だとしても日常目の前に凄い匂いがあって練習してたわけだし。

で、匂いを感じる時な、注意して嗅いでみると確かにあぁ、これの匂いだ、とか分かるんだよ。でもそれに対して臭いとか良い匂いとかの感想が全くない。ただ定義やら概念やらとして理解してるだけなんだわ。ただ、ゲロがすっぱかったり生ごみが変なにおいがすることくらいはわかる。

だので、とりあえず匂いを色々嗅いでみた。先ず汗のにおいを嗅いでみた。汗の匂いである。というより汗の味がする。なんだろう、大体匂いを感じる時は味覚で表現される場合が多いんですけど。わしの場合。汗の付いた手とかなめてみたらこんな味だっていうのを感じる。だから臭いっていうか、不味いと感じるんだけど。これっておかしいの?

まぁ当然と言えば当然なのは、匂いを感じるメカニズムとか味を感じるメカニズムを知ると当然の気がするのは、どうして何故とどうしてを一緒に使えないのは何故なんだぜ?

まぁコピペは丸投げにしといて、味という物を感じる上で匂いってのは重要なファクターらしいからな。匂いにも旨さを感じるらしい。それが風味とか言うものらしい。

んでもってもうちょっと科学的に突っ込むと、匂いというのは物の微粒子が鼻の粘膜に付着することで感じ取られるらしい。どうして微粒子が飛ぶのか、鼻で吸着すると匂いって存在が分かるのかまでは知らん。例によって人体お得意の電気信号でしょう。

なのでつまり、ご飯のにおいはご飯の微粒子を吸ってるから感じる訳だ。つまり鼻でご飯を食ってるんだな。でもって汗の匂いも鼻で感じるってことは微粒子がそこについてるってことだから味を感じるファクターの一部を機能として仕様してんだから味で考えてもおかしくなくない?

まぁもう少しつっこむとイカ臭いのもゲ◇臭いのもうんちょ臭いのも全部鼻で(ry

ところでこれを書いている今、匂いが分からない理由の一部をみつけた気がしました。わし顔の右側の神経が弱いので若干その辺の情報の伝わりが悪いからなんかもしれん。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://118782.blog51.fc2.com/tb.php/538-60d9b4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ちよこれいとはーと all rights reserved.
プロフィール

まいむ@ムーン

Author:まいむ@ムーン
現在21歳雄。偏屈で批判家のジョーカー。
性格、マメで粗雑。短気で気長。本人すら把握できず。身長、服屋のついたて鏡に入らない程度。体重、焼肉で米を大盛り2杯と普通一杯程度。
実写よりアニメ、特撮を見る。バラエティは情報系の方が好き。朝Φ新聞が嫌い。エノラゲイが嫌い。
音楽家、作詩家、小説家。いずれも毒々しい部分を持つ。最近の口癖は「ってな訳」「いやいや」「成る程」「1ミリもないわ」「鬱陶しい」
格好良くて優しい人を期待する方にはオススメできない商品。
宣伝鬱陶しい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。